りりちゃんの命日 8月5日

DSC01579.jpg

りりちゃんとチビちゃん
1993年秋だと思ったら
日付が1994年2月でした






DSC01580.jpg

お目めの大きな美人さんでした





DSC01581.jpg

額の八の字は成長するにつれてうすくなり
結局、真っ白のネコになりました。
ぼんぼりしっぽちゃんでした。






DSC01578.jpg

メスのねこらしいネコでした。
抱っこ嫌い、爪切り大嫌い





DSC01582.jpg

不妊手術で毛を刈られたりりちゃん









今日(8月5日)はうちのリりちゃんの命日でした。
チビちゃんの妹(ねこですが)のようだったりりちゃん。
4歳までうちで過ごしましたが、当時いろんなわんちゃん
(新しいお家さがしの)が出入りしていた中、精神的に
不安定になってしまい、うちでは幸せになれない、と
その後、他の県のボランティアさんちの
子になりました。

じょうぶな子で、病気一つしなかったそうですが、
最後の2-3か月は獣医さんに頻繁に往診して処置をしてもらい
普通の子ならもう、、、のところ、その後1か月もがんばった
そうです。りりちゃんらしいです。

チビちゃんのことをお兄ちゃんと思って慕っていた
その姿が思い出されます。

8月5日は姉のシェルティーのボビーちゃんの命日でも
あります。(年は違いますが)

ボビーちゃんはチビちゃんと同じ、1988年生まれ。
チビちゃんより2-3ケ月おにいちゃんです。
ボビーちゃんは8月10日生まれ。
チビちゃんのお誕生日はわからないので
だいたいですが。

二人を会わせたことはありませんでしたが
私の頭の中では”いとこどうし”でした。

皮肉なことに、近所でチビちゃんが一番
嫌いになったわんちゃんはシェルティーでしたが。。。
(だって、とても生意気な子だったもんで。
チビちゃんがその子を嫌ったのもわかるような気が
しました。その子がうちのそばを通ると
うちの中にいるチビちゃんにはすぐわかるようで
怒って吠えてました。普段、全く吠えないチビちゃんが)

チビちゃんの命日は9日です。

あと、4日。。。






Dedicated to My Chibi-chan




きょうはうちのチビちゃんの命日です。
あれから12年経ちました。

It is the 12th Memorial Day 
for my Chibi-chan today.





Chibi-chan's MemorialDay, August 9

Chibi-chan without frame


今年もチビちゃんの命日がきました。

いつもと違うのはチビちゃんのスライド・ショウを
今回は作れないこと。

また、いつもなら命日が近づくにつれて
涙もろくなるのですが。。。

人間は身体の痛みがひどいと
精神的痛みには鈍感になるようで。。。

7月31日から左足太もも上部後ろ側(8時の方向)が
痛くて、歩くこともできず、寝たきりになってました。

最初は肉離れかと思い、安静にしていれば
なんとか治ると思っていたのですが、一週間
しても痛みは変わらず、痛くて椅子にもすわれないので
あきらめて、姉に手伝ってもらい近所の整形外科へ
行ったのが8月7日午後夕方。

レントゲンの写真を見ながら、先生が
紹介状を書くので大きい病院へ行ってください、と
言われた時には本当にびっくりしました。
(背骨が曲がっているので神経を圧迫している
 ようだ、ともおっしゃり)

次の朝一番、姉にまた付き添ってもらい
横浜市民病院へ行きましたが、予想に反して
(本当は前もって予約が必要なのです)
とても迅速な手配をしてくださり、
10時すぎにはもう診察してくださり、レントゲン
6枚もとって、その結果、背骨が曲がっている
せいではありません、と言われ、本当に
ホッとしました。(もしかして、即、手術とか
入院とか言われたらどうしよう。。。と
心配でしたので)

先生が”このくらい曲がってるのはふつうです。
あなたの場合、最大でも10度位だから、
このせいではありません。

ほとんどの人が5-10度位曲がってます。
逆にまっすぐな人なんていませんよ”と
おっしゃった時、つい笑ってしまいました。

若い先生なのにとてもてきぱきと
感じ良く、他の病院のスタッフさんたちも
(特にレントゲン室の担当者さん)
とても親切で感じよくびっくりしました。

科によってももしかしたら違うのかもしれませんが
一番最初に受付で相談にのってくださったスタッフさんから
最後に病院をでるまで気持ちよく診察をうけれたのが
驚きでした。

横浜市民病院へは以前(10年位前ですが)
アレルギーの件でお世話になったことがありますが、
かかった科が皮膚科だったこともあり、患者さんの
数が半端ではなく、予約番号をもっていても
もっていないのと同じで、3-4時間待たされるのが
普通で、診察時間はたった5分ぐらいでしたので、
今回、うちを8時すぎにでて、うちに帰れたのが11時。
とっても早かったです。

ただ、レントゲン写真からヘルニアとは思えないし、
痛みのもとがどこなのかはMRIスキャンしなければ
わからない、すぐしたほうがいいのですが、
予約いっぱいなので、早くても来週水曜日夕方、
結果と説明は金曜日朝、といわれ、原因究明は
来週となってしまいました。

痛みどめの薬などだしてくださり、それを服用はじめましたが、
その副作用でなんだかだるくて具合悪いです。
(眠気をもよおす副作用で、きのうは
久しぶりに続けて数時間ねむれましたが)

短い時間ならなんとか椅子にもすわれるように
なったので、私のお気に入りのチビちゃんの
写真を入れました。1992年3月初旬のものです。
横浜にチビちゃんと引っ越ししてきて
2か月半ぐらいたったころのものです。

かわいいチビちゃんの半垂れお耳。
(とてもやわらかくて、先が垂れてました)
22年前のチビちゃんです。

大好きだよ。チビちゃん

Chibi-chan




チビちゃん、大好きだよ。

キキちゃんも
りりちゃんも
あ~ちゃんも





Roses for Chibi-chan, August 9, 2013



Roses for Chibi-chan,
August 9, 2013










プロフィール

Chibi1988

Author:Chibi1988
チビちゃんが生まれたのは1988年秋。正式に私の子になったのが1989年3月15日。いっしょに住めるようになったのが1990年2月。それから2003年8月9日までずっといっしょでした。今も心の中ではいっしょです。チビちゃんをお兄ちゃんと慕っていた猫のあ~ちゃん、2012年1月22日にお星さまになってしまいました。チビちゃんを知らない2009年5月生まれのクーちゃんも2015年4月26日に6年という短い一生を終えました。FIVでした。そして後を追うようにデリーちゃん(13歳)が6月30日にお星さまになってしまいました。ルンちゃん、一人になってしまっていたところ、ご縁があり2015年9月20日にコアラちゃん、11月7日にティガーちゃん、そして12月29日にマフィンちゃんを迎えいれることができました。(チビちゃんが亡くなって休止していたわんちゃんの里親さがしは2010年夏に再開しましたが、6頭目でつまづき、現在は休眠中です)4人+私で仲良く暮していたのですが、2017年4月24日、ルンちゃんが16歳でお星さまになってしまい、2015年生まれの若い3人(コアラちゃん、ティガーちゃん、マフィンちゃん)が残されました。みんなが健康で穏やかな毎日を過ごせるよう祈りながら、みんなの記録を残したいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR