Hope for PAWS - Houdini



Hope for PAWS - Houdini





Hope for PAWS - Angelica



Hope for PAWS - Angelica





Vet Ranch - Benelli




後足2本とも骨折していた子猫ちゃん。
でも、レントゲンをとって、手術の必要はない、と
いうことで、2週間、小さなケージの中で
生活してもらい、動きを制限したら、、、
ちゃんと自然に治りました。

こねこちゃんの治癒力はすごいですね。






Shiba-inu Puppies' Nap Time



きゃ~~かわいい!




センターの犬

センターの犬

きょう、あるセンターにお邪魔しました。

収容されているわんちゃんたちに会わせていただきました。

こちらでは、熱心なボランティアさんの働きかけにより、
収容された犬・ネコはできるだけ譲渡への道をさがすと
いうことで、収容期間を可能な限りのばしてくださっています。

きちんと管理された施設という印象をうけました。

お仕事されているスタッフの方々も、非常にまじめで
とても協力的のようです。

わんちゃん・ねこちゃんのためにたくさんの時間・労力を
費やしてくださっているボランティアさんたちにも
会えました。”感謝”の一言です。

私はどの子を預かることになるのでしょう。。。

気になっていた子たちは、元の飼い主に返されたり、
希望者さまが現れたり、お問い合わせがあったり、
でまだどの子になるかわかりません。
プロフィール

Chibi1988

Author:Chibi1988
チビちゃんが生まれたのは1988年秋。正式に私の子になったのが1989年3月15日。いっしょに住めるようになったのが1990年2月。それから2003年8月9日までずっといっしょでした。今も心の中ではいっしょです。チビちゃんをお兄ちゃんと慕っていた猫のあ~ちゃん、2012年1月22日にお星さまになってしまいました。チビちゃんを知らない2009年5月生まれのクーちゃんも2015年4月26日に6年という短い一生を終えました。FIVでした。そして後を追うようにデリーちゃん(13歳)が6月30日にお星さまになってしまいました。ルンちゃん、一人なってしまい静まりかえっていた家ですが、ご縁があり9月20日にコアラちゃん、11月7日にティガーちゃん、そして12月29日にマフィンちゃんを迎えいれることができました。(チビちゃんが亡くなって休止していたわんちゃんの里親さがしは2010年夏に再開しましたが、6頭目でつまづき、現在は休眠中です)ルンちゃん、コアラちゃん、ティガーちゃん、マフィンちゃんの毎日を記録に残したいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR