好き好き




好き好きしてる
ねこちゃんとお馬さん




琉球競馬 Horseracing in Okinawa


DSC06047 (640x480)




DSC06048 (640x480)






DSC06049 (640x480)









18世紀半ばから終戦前まで
沖縄で行われていたという
琉球競馬のことを知りました。

在来馬2頭づつの競争。
速さではなく、走りの美しさで
赤白どちらかが勝ち、
相撲のようにランクが下のものから
上のものへと進み
最後の優秀馬2頭の競争で
その年の優勝馬が決まったという
競馬。
競馬といっても、優勝金もなければ
人々が賭けをするものではなく
地域ごとの在来馬の決勝戦のような
ものだったそうです。

のんびり走る小型のお馬さん。

横浜市根岸の馬の博物館のポニーセンターに
新しく入った与那国馬の男の子。
北海道の道産子のゆきちゃん(♀)と
愛媛県の野間馬のみかんちゃん(オス)との
ちょうど中間位の大きさです。

お名前募集中でした(募集、明日まで)。

私は”シュガーちゃん”で応募しました。

なんてお名前になるでしょう。

Horseracing in Okinawa started in mid 18th century
and ended just before World War II (or Battle of Okinawa).

It's called "horseracing" but far from the normal
horseracing where thoroughbreds run fast to be the
fastest horse and win the first prize.

In Okinawa Horseracing, two horses of the local breed
(small-sized horses) run slowly to compete their beauty/
gracefulness in running. No prize, no betting by the
public, but people gathered to see the horses run gracefully
and had a good day. From the old map of Okinawa,
we can see that there were 198 horseracing sites in
Okinawa in mid 18th century. Those places are now
parks, roads, or runways of US base in Okinawa.

Just like Sumo (Japanese Sumo Wrestling) they decided
the pairs (which horse to run with which horse) and
started with the lowest grade and up to the highest grade,
to see the Champion of the year.

There was a superstar named "Hikooki" (meaning
"airplane") who was white--very rare for the local horse
then. (Most of them were light brown or brown.)




Hikooki around 1928

スーパースターだった”ヒコーキ”
(1928年頃)



Little Coconut 生まれて2日目の仔馬ちゃん




ココナッツちゃん、生まれて2日目なのに
こんなに軽やかに走って。。。

お母さん、目が離せません。

それにしても、仔馬ちゃんのアンヨは
どうしてこんなに長いのか。




Equine Museum of Japan 馬の博物館

DSC05969 (640x480)

昨日(土曜日)、馬の博物館へ行ってきました。

あいにくの雨。。。
でも、むこうに着くころには雨もあがっていました。



DSC05970 (640x480)






DSC05971 (640x480)

かわいいお馬さんの置物が。。。





DSC05972 (640x480)





DSC05974 (640x480)






DSC05975 (640x480)






DSC05977 (640x480)

迎えてくれるのは”シンザン像”。




DSC05976 (640x480)




DSC05990 (640x480)



いつものように、先に馬の博物館の展示物を拝見して、
それからポニー・センターへ。



DSC05991 (640x480)






DSC05992 (640x480)

こちらの側からみたシンザン像




DSC05994 (640x480)

正面からみたシンザン像




DSC05995 (640x480)

馬坂を下ります。




DSC05999 (640x480)

トウショウファルコの碑にはいつもお花が
添えられてます。




DSC05998 (640x480)

近くにはかわいいチューリップも。



DSC05996 (640x480)





DSC05997 (640x480)





DSC06000 (640x480)





DSC06001 (640x480)



しばらく行っていなかったので
その間にかなりのメンバーチェンジがありました。



DSC05978 (640x480)




DSC05979 (640x480)





ヌアージュ (640x480)





DSC05981 (640x480)





DSC05982 (640x480)




DSC05983 (640x480)


きたばっかり(数日前だそう)の日本在来馬の男の子も
いれて全部で11頭。以前は8頭前後で、サラブレッドのような
普通サイズのお馬さんが多かったですが、今は
普通サイズのお馬さんが5頭、小柄なお馬さんが6頭です。



DSC05984 (640x480)



DSC05985 (640x480)

この男の子、2歳なのか3歳なのか。
3歳ならお誕生日は2013年ですね。


日本の在来馬は8種類。
北海道1種 - 道産子
本州1種 -長野県木曽の木曽馬
四国1種 -愛媛県今治市の野間馬(のまうま)
九州3種 - 長崎県対馬市の対州馬
       宮崎県の御埼馬
       鹿児島県のトカラ馬
沖縄2種 - 宮古島の宮古馬と与那国島の与那国馬



ポニー・センターには道産子の”ゆきチャン”(メス)、
野間馬の”みかんちゃん”(オス)、そして今回新しく
加わった与那国馬の男の子(まだ、名前がありません。
募集中だそう)がいます。



DSC06010 (640x480)

ゆきちゃん。




DSC06011 (640x480)

ゆきちゃん。

そして一番体が小さいのは野間馬のみかんちゃん。
名前から女の子と間違われそうですが、男の子。
前回訪れた時は、東京の競馬場に”貸出し中”で
(なにかのイベントに参加)会えませんでしたが、
今回あえて、あまりの小ささにびっくりしました。


DSC06012 (640x480)

みかんちゃん。




DSC06013 (640x480)

みかんちゃん。 人間と比べて小ささが
おわかりになると思います。


ニンジン・タイムには普通は2頭のサラブレッドに
1回づつ、ニンジン一片をあげ、首・肩のあたりを
そっとさわらせてもらえます。

きのうは、ヌアージュ・デ・ポリーというお馬さんにだけ
あげられました。おとなしい落ち着いたお馬さんです。


DSC06005 (640x480)

右がヌアージュ・デ・ポリー
左がマイネルキッツ



DSC06015 (640x480)

左からマイネルキッツ、ヌアージュ・デ・ポリー、ペルニーちゃん



DSC06027 (640x480)

ヌアージュ・デ・ポリー



DSC06028 (640x480)

ヌアージュ・デ・ポリー





Nuage de Pouilly




マイネルキッツにはニンジンをあげられませんでしたが、
さわれせてもらえました。

DSC06008 (640x480)

天皇賞馬のマイネルキッツ。
よくお口をポヨヨ~ンと動かしているので
なんだかおちゃめさんみたいです。



DSC06003 - コピー (640x504)

ニンジン・タイムの準備中。
ニンジン・タイムは1:30から1:45頃まで。



DSC06009 (640x480)

蹄をきれいにしてもらっていました。




DSC06030 (640x480)













ヌアージュ・デ・ポリーもマイネルキッツも
さわった感じは”固”。道産子のゆきちゃんは
髪ももさもさで、やっぱり”固”。みかんちゃんも多分、
固いんだろうな、と思いながらさわれせてもらうと
意外とやわらかでした。(うっすら毛がはえていて
クッションになっていたのかも)

みかんちゃんだけ、さわると”何するの~~”って
お顔してましたが。。。


お天気のよい日などは、人でいっぱいで、ニンジンをあげるのも
順番まちなのですが。。。きのうは、なんと私と数人だけ。

せっかくニンジン・タイムの準備をしてくださった
みなさんに悪いな~~と思いながらしばらく写真やら
ビデオやらとらせてもらいました。

そして、、、人がいなかったので、、、
特別に奥の小さな小屋にいた、まだ未公開の
与那国馬のぼくちゃん(名前募集中)に会わせて
もらえました。

2-3歳のようですが、とってもちっちゃくて
”かわいい”の一言。


DSC06024 (640x480)





DSC06023 (640x480)






DSC06022 (640x480)






モヒカン・ルックです。

なんて名前がいいでしょうね。
よなくん?
シュガーちゃん(沖縄のさとうきびから)?

4月17日までお名前募集されてます。
決まったお名前は5月5日に発表されるとか。




28 3 2015


一年前(2015年3月28日)のゆきちゃんと桜。
来週末はこんな風に咲いているでしょうか。

















Horses at Pony Centre, Equine Museum in Yokohama




ず~~っと行ってないのです。。。
馬の博物館(ポニー・センター)

このビデオにも知らないお馬さんが3頭も
いました。。。

明日、行ってみようっと。

桜も咲いてるかも。




プロフィール

Chibi1988

Author:Chibi1988
チビちゃんが生まれたのは1988年秋。正式に私の子になったのが1989年3月15日。いっしょに住めるようになったのが1990年2月。それから2003年8月9日までずっといっしょでした。今も心の中ではいっしょです。チビちゃんをお兄ちゃんと慕っていた猫のあ~ちゃん、2012年1月22日にお星さまになってしまいました。チビちゃんを知らない2009年5月生まれのクーちゃんも2015年4月26日に6年という短い一生を終えました。FIVでした。そして後を追うようにデリーちゃん(13歳)が6月30日にお星さまになってしまいました。ルンちゃん、一人なってしまい静まりかえっていた家ですが、ご縁があり9月20日にコアラちゃん、11月7日にティガーちゃん、そして12月29日にマフィンちゃんを迎えいれることができました。(チビちゃんが亡くなって休止していたわんちゃんの里親さがしは2010年夏に再開しましたが、6頭目でつまづき、現在は休眠中です)ルンちゃん、コアラちゃん、ティガーちゃん、マフィンちゃんの毎日を記録に残したいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR