メジロライアン と メジロマックウィーン Mejiro Ryan & Mejiro McQueen




メジロマックウィーン 親子3代 天皇賞制覇
(祖父メジロアサマ、父メジロティターン)

Wikipedia より:

1987年4月3日生まれ
2006年4月3日死没 (ちょうど19歳)

父: メジロティターン
母: メジロオーロラ
母の父: リマンド


”メジロ牧場の同期馬は特に「メジロ87年組」と呼ばれ、
後に宝塚記念を制するメジロライアン、
宝塚記念と有馬記念を制するメジロパーマーなどがいた。


メジロマックイーン。
中央競馬で菊花賞、宝塚記念、天皇賞(春)(2回)
などに優勝、1991年春の天皇賞では
父子3代天皇賞制覇を成し遂げた。

同年秋の天皇賞で、日本におけるGI競走史上
初の1位降着も記録している。(大差で一着にも
かかわらず、審判により最下位へ)

獲得賞金10億1465万7700円は、
当時の世界最高記録。
獲得賞金額が10億円を突破した最初の馬である。

1991年度JRA賞最優秀5歳以上牡馬。
1994年、顕彰馬に選出。
名前の由来は、馬主の冠名「メジロ」と
アメリカの俳優スティーブ・マックイーンの
組み合わせである。愛称は「マック」。

半兄に1986年の菊花賞、1987年の有馬記念を
制したメジロデュレン(父フィディオン)がいる。”






Hokuto Vega ホクトベガ - ダートの女王



ホクトベガ、、、名前は知っていましたが。。。

最後はかわいそうで、かわいそうで。。。

あの事故がなければ
引退して、北海道に帰れていたでしょうに。




ホクトベガ (Mar 26, 1990-Apr 3, 1997)
”砂の女王”

1993年、エリザベス女王杯勝ち馬

1996年JRA賞最優秀ダートホース
NARグランプリ特別表彰馬


重賞4勝・GI競走1勝

Wikipea より抜粋:

”ダート交流競走では10連勝・通算16勝を挙げ、
グレート制導入以降の中競馬所属馬の
最多勝利記録を更新した。
同日の川崎競馬場には、当時スタンド改築工事中だった
ことで実質3万人程度の収容能力だったが、
約59000人が来場した”


”1997年、「第2回ドバイワールドカップ」に招待されて出走する。
このレースがホクトベガの引退レースとなり、
レース終了後はそのまま渡欧させてヨーロッパの
一流種牡馬との交配が計画されていた。

しかし、当初の開催予定日(3月29日)は
ドバイでは数十年に一度という猛烈なスコールとなり
レースは4月3日に順延となった。

レース本番を迎えたホクトベガは、最終コーナーで転倒し、
さらに後続のビジューダンド(Bijou d'Inde)が
巻き込まれる形で追突。

ホクトベガは左前腕節部複雑骨折となり、
予後不良と診断されて間もなく安楽死処置を受けた。

鞍上の横山典弘は、のちに自らの強引な騎乗が
アクシデントを引き起こしたと悔いた


生涯獲得賞金は8億8812万6000円
これは2009年にウオッカが更新するまでの
牝馬獲得賞金最高記録であった。”








好き好き




好き好きしてる
ねこちゃんとお馬さん




琉球競馬 Horseracing in Okinawa


DSC06047 (640x480)




DSC06048 (640x480)






DSC06049 (640x480)









18世紀半ばから終戦前まで
沖縄で行われていたという
琉球競馬のことを知りました。

在来馬2頭づつの競争。
速さではなく、走りの美しさで
赤白どちらかが勝ち、
相撲のようにランクが下のものから
上のものへと進み
最後の優秀馬2頭の競争で
その年の優勝馬が決まったという
競馬。
競馬といっても、優勝金もなければ
人々が賭けをするものではなく
地域ごとの在来馬の決勝戦のような
ものだったそうです。

のんびり走る小型のお馬さん。

横浜市根岸の馬の博物館のポニーセンターに
新しく入った与那国馬の男の子。
北海道の道産子のゆきちゃん(♀)と
愛媛県の野間馬のみかんちゃん(オス)との
ちょうど中間位の大きさです。

お名前募集中でした(募集、明日まで)。

私は”シュガーちゃん”で応募しました。

なんてお名前になるでしょう。

Horseracing in Okinawa started in mid 18th century
and ended just before World War II (or Battle of Okinawa).

It's called "horseracing" but far from the normal
horseracing where thoroughbreds run fast to be the
fastest horse and win the first prize.

In Okinawa Horseracing, two horses of the local breed
(small-sized horses) run slowly to compete their beauty/
gracefulness in running. No prize, no betting by the
public, but people gathered to see the horses run gracefully
and had a good day. From the old map of Okinawa,
we can see that there were 198 horseracing sites in
Okinawa in mid 18th century. Those places are now
parks, roads, or runways of US base in Okinawa.

Just like Sumo (Japanese Sumo Wrestling) they decided
the pairs (which horse to run with which horse) and
started with the lowest grade and up to the highest grade,
to see the Champion of the year.

There was a superstar named "Hikooki" (meaning
"airplane") who was white--very rare for the local horse
then. (Most of them were light brown or brown.)




Hikooki around 1928

スーパースターだった”ヒコーキ”
(1928年頃)



Little Coconut 生まれて2日目の仔馬ちゃん




ココナッツちゃん、生まれて2日目なのに
こんなに軽やかに走って。。。

お母さん、目が離せません。

それにしても、仔馬ちゃんのアンヨは
どうしてこんなに長いのか。




プロフィール

Chibi1988

Author:Chibi1988
チビちゃんが生まれたのは1988年秋。正式に私の子になったのが1989年3月15日。いっしょに住めるようになったのが1990年2月。それから2003年8月9日までずっといっしょでした。今も心の中ではいっしょです。チビちゃんをお兄ちゃんと慕っていた猫のあ~ちゃん、2012年1月22日にお星さまになってしまいました。チビちゃんを知らない2009年5月生まれのクーちゃんも2015年4月26日に6年という短い一生を終えました。FIVでした。そして後を追うようにデリーちゃん(13歳)が6月30日にお星さまになってしまいました。ルンちゃん、一人になってしまっていたところ、ご縁があり2015年9月20日にコアラちゃん、11月7日にティガーちゃん、そして12月29日にマフィンちゃんを迎えいれることができました。(チビちゃんが亡くなって休止していたわんちゃんの里親さがしは2010年夏に再開しましたが、6頭目でつまづき、現在は休眠中です)4人+私で仲良く暮していたのですが、2017年4月24日、ルンちゃんが16歳でお星さまになってしまい、2015年生まれの若い3人(コアラちゃん、ティガーちゃん、マフィンちゃん)が残されました。みんなが健康で穏やかな毎日を過ごせるよう祈りながら、みんなの記録を残したいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR