長寿犬を調べたら、、、意外なことが。。。

They Studied Dogs That Had Extreme Longevity and Guess What They Found?
長寿犬を調べたら、、、意外なことが。。。

http://healthypets.mercola.com/sites/healthypets/archive/2016/07/27/neutering-spaying-effects.aspx


July 27, 2016

By Dr. Becker



There is a growing body of evidence — including new research on German Shepherd Dogs (which I’ll discuss shortly) — that indicates spaying or neutering, in particular as it relates to large breed dogs desexed early in life, significantly increases the risk of serious health problems.



大型犬の場合、早い時期での去勢が重大な健康問題を起こすという凡例が増えています。

(あとでお話しするジャーマン・シェパードに関する新しい研究も含め)

For Female Rottweilers, Ovay Removal Significantly Increases the Risk for a Major Fatal Disease

メスのロットワイラーの場合、卵巣除去すると致死的疾患を引き起こす危険が非常に増えます。


In 2009, a Gerald P. Murphy Cancer Foundation study found a correlation between the age at which female Rottweilers are spayed and their lifespan.1 The study compared female Rotties who lived to be 13 or older with a group who lived the expected lifespan of about 9 years.


2009年のGerald P. Murphy キャンサー・ファウンデーションの研究にて、メスのロットワイラーの不妊手術時期と寿命の相関関係が判明しました。

13歳かもっと長く生きたロットワイラーのグループとだいたい9歳の寿命のグループとを比較したのです。

According to lead researcher Dr. David J. Waters, a professor in the Department of Veterinary Clinical Sciences (VCS) at Purdue University:

パーデュー大学の獣医臨床科学部の主要研究者である教授のDavid J. Waters博士によると:

"Like women, female dogs in our study had a distinct survival advantage over males. But taking away ovaries during the first [four] years of life completely erased the female survival advantage.

“We found that female Rottweilers that kept their ovaries for at least [six] years were [four] times more likely to reach exceptional longevity compared to females who had the shortest lifetime ovary exposure."2


”人間の女性と同じように、今回の研究対象の犬でも、メスの方がオスより生存率が高かったのです。しかし、生まれて4年以内に卵巣除去されると、メス・オスの差はなくなりました。そして、生まれて少なくとも6年たってから卵巣除去されたメスの方が、もっと早い時期に卵巣除去されたメスより、4倍も長生きしたのです。”


Because death from cancer is so prevalent in Rotties, researchers conducted a subgroup analysis of only dogs that did not die of cancer. This focused research further proved the strong association between intact ovaries and longevity.

Even in dogs that did not die of cancer, the females who kept their ovaries the longest were nine times more likely to achieve exceptional longevity (13+ years). Simply put, study results indicate removal of a Rottweiler’s ovaries significantly increases the risk for a major lethal disease.

ロットワイラーの場合、癌で亡くなることが非常に多いので、研究者たちは癌で亡くならなかったロットワイラーの分析もしてみました。この結果卵巣を除去しないことと長寿がはっきりと関連していることが証明されました。癌で亡くならなかったロットワイラーの中でも、より遅くに卵巣除去されたメスの方が非常に長生きしていたのです(13歳以上)。簡単に言うと、ロットワイラーの場合、卵巣除去すると重大な致命的病気にかかる危険が非常に増えるということです。



Did You Know That in Europe, Intact Dogs Are the Norm?

ヨーロッパでは不妊手術をうけていない犬の方があたりまえだということ知っていましたか?

A more recent study conducted at the University of California (UC), Davis provides additional evidence that spaying or neutering, and the age at which it is done, may increase a dog's risk of certain cancers and joint diseases.

The U.S. takes a very different approach to spay/neuter compared to many European countries. In this country, not only are most dogs spayed or neutered, increasingly the preferred timing of the procedure is before the animal is a year old.

The motivation is for desexing is pet population control, and owners are considered responsible only if their pet has been sterilized. However, in many European countries, dogs remain intact and animal health experts do not promote spaying or neutering. The UC Davis study was undertaken, according to the researchers because:

"Given the importance of gonadal hormones in growth and development, this cultural contrast invites an analysis of the multiple organ systems that may be adversely affected by neutering."3



デイビスのカリフォルニア大学で行われた研究によると、不妊手術とその時期により、癌や関節病にかかる危険が増えるというのです。アメリカではヨーロッパ諸国とはペットの不妊については非常に異なった見方をしています。アメリカではほとんどの犬が不妊手術を受けていますが、その時期も生後1年以内がより好ましいとなっています。この不妊手術の動機としてはペットの人口過多があげられます。ペットが不妊してあると、その飼い主は責任ある飼い主とみなされます。しかし、多くのヨーロッパの国では犬は不妊されず、動物の健康管理の専門家も不妊手術を勧めません。カリフォルニア大学の研究者たちによると、この研究をした理由は”発育過程における性腺ホルモンの重要さを考えると、この文化的相違を背景に不妊することにより悪影響を受けるかもしれない複数の器官系の分析が必要となるのです”ということでした。

In Desexed US Golden Retrievers, the Rates of Joint Disease and Cancer Are Much Higher Than in Intact Goldens
ゴールデン・レトリーバーの場合、不妊手術をうけた犬の方が受けていない犬より関節病や癌にかかる率が高いのです。
The researchers looked at the health records of 759 Golden Retrievers. Goldens were chosen because they are one of the most popular breeds in the U.S. and Europe, are often used as service dogs, and are also susceptible to various cancers and joint disorders.

The intent of the study was to investigate the effects of neutering on the risks of several diseases in a single breed of dog, distinguishing between males and females, and between dogs that had been neutered or spayed early (before one year), late (after one year), or not at all.

The dogs ranged in age from 1 to 8 years and had been seen at the UC Davis William R. Pritchard Veterinary Medical Teaching Hospital for one or more of the following problems:

Hip dysplasia (HD)
Cranial cruciate ligament (CCL) tear
Lymphosarcoma (LSA)
Hemangiosarcoma (HSA)
Mast cell tumor (MCT)


ゴールデン・レトリーバー759頭の健康記録が研究されました。この犬種が選ばれた理由はアメリカやヨーロッパで最も人気のある犬種の一つであり、サービス・ドッグとしても使われ、いろいろな癌や関節障害にかかりやすい犬種だからです。一つの犬種において、オス・メス、早期不妊済の犬(1歳以下で不妊)と1歳以上になってから不妊手術を受けた犬、不妊手術をうけていない犬での状況を調べました。年齢は1歳から8歳までで、次の病気の一つ、あるいは複数の病気のため、UC Davis William R. Pritchard 獣医学教育病院で診察されていた犬たちでした。

股関節異形成
頭蓋十字靭帯( CCL )裂傷
リンパ肉腫
血管肉腫
肥満細胞腫

The researchers focused on joint disorders and cancers because desexing removes the testes or ovaries and disrupts production of hormones that play an important role in body processes like bone growth plate closure.

Study results indicated that for all five diseases, the rates were significantly higher in both males and females that were neutered or spayed (before or after one year of age) compared with intact dogs.

Of special concern was that results showed a 100 percent increase in the rate of hip dysplasia in male Goldens neutered before 12 months of age.

Ten percent were diagnosed with the condition, which was double the rate of occurrence in intact males. Past studies have reported a 17 percent increase among all neutered dogs compared to all intact dogs.

The UC Davis researchers suggest that neutering male Golden Retrievers well beyond puberty will help prevent an increased risk of hip dysplasia, cranial cruciate ligament injury, and lymphosarcoma. For female Goldens, the research team concluded that:

“ … [T]he timing of neutering is more problematical because early neutering significantly increases the incidence rate of CCL from near [zero] to almost 8 percent, and late neutering increases the rates of HSA to 4 times that of the 1.6 percent rate for intact females and to 5.7 percent for, which was not diagnosed in intact females.” 4

不妊手術で睾丸や卵巣を除去すると、骨発育プレート閉鎖などの身体プロセスで重要な役割を果たすホルモンの生産を遮断することになるということで、研究者たちは関節障害や癌に焦点をあてました。結果は上記障害にかかりやすいのは、オスでもメスでも、不妊手術をうけていない犬より一歳未満あるいは一歳以上で不妊手術をうけた犬の方だったのです。特に気がかりなのは、1歳未満で去勢されたゴールデンにおいて股関節異形成の割合が倍だったことです。去勢済犬の10%がこの股関節異形成と診断されましたが、これは未去勢の犬の場合のちょうど倍の率なのです。過去の研究では未去勢の犬より去勢済の犬の方が17%多くこの障害が起こっていました。

ゴールデン・レトリーバーの場合、思春期をかなり過ぎてから去勢すれば、股関節異形成、頭蓋十字靭帯( CCL )裂傷、リンパ肉腫にかかる危険率をあげずに済むだろうと、研究者たちは考えています。メスのゴールデンの場合は、”不妊手術の適正時期はより決定しにくいのです。というのも、早期不妊は頭蓋十字靭帯( CCL )裂傷の発生率をほとんど

ゼロから8%ほどにもあげてしまい、また血管肉腫に関しては遅い時期での不妊手術をうけた犬の方が、未不妊の犬の4倍も(1.6%から5.7%に)この障害をうけるという結果がでたからです”



Vizsla Study Suggests a Significantly Increased Risk for Cancer and Behavioral Disorders in Spayed or Neutered Dogs
ヴィズラ(ハンガリー原産のポインター犬種、正式名はハンガリアン・ショートヘアード・ヴィズラ(英:Hungarian Shorthaired Vizsla)であるが、単にヴィズラ、ビシュラ、ビーシュラと呼ばれる事が多い)の研究で不妊済の犬に癌や行動障害の危険率が上がる結果がでる。

A 2014 study of Vizslas included over 2,500 dogs and revealed that dogs neutered or spayed at any age were at significantly increased risk for developing mast cell cancer, lymphoma, all other cancers, all cancers combined, and fear of storms, compared with intact Vizslas.5

Dogs of both genders neutered or spayed at 6 months or younger had significantly increased odds of developing a behavioral disorder, including separation anxiety, noise phobia, timidity, excitability, submissive urination, aggression, hyperactivity, and/or fear biting.

When it came to thunderstorm phobia, all neutered or spayed Vizslas were at greater risk than intact Vizslas, regardless of age at neutering. The younger the age at neutering, the earlier the age at diagnosis with mast cell cancer, cancers other than mast cell, hemangiosarcoma, lymphoma, all cancers combined, a behavioral disorder, or fear of storms.

Spayed female Vizslas had a nine times higher incidence of hemangiosarcoma compared to intact females, regardless of when spaying was performed, however, no difference in incidence of this type of cancer was found for neutered vs. intact males. Neutered and spayed dogs had 4.3 times higher incidence of lymphoma, regardless of age at time of neutering, and a five times higher incidence of other types of cancer.

Spayed females had 6.5 times higher incidence of all cancers combined compared to intact females, and neutered males had 3.6 times higher incidence than intact males. The Vizsla researchers concluded:

"Additional studies are needed on the biological effects of removing gonadal hormones and on methods to render dogs infertile that do not involve gonadectomy.”6

2014年の研究では2500頭のヴィズラが対象となりましたが、時期にかかわらず不妊済の犬は未不妊の犬と比べて、肥満細胞腫、リンパ腫、他の癌すべて、癌の組み合わせを引き起こす率が高く、嵐に対する恐怖も大きいという結果がでました。

オスもメスも6か月齢以下で不妊手術をうけた場合、分離不安、ノイズ恐怖症、臆病さ、興奮しやすさ、服従排尿、攻撃性、多動性、恐れからの咬み癖等の行動障害を起こす率が非常にたかくなりました。

雷恐怖症はどうかというと、不妊時期にかかわらず、不妊済の犬の方が未不妊の犬よりずっとこの症状をおこしやすく、不妊時期が早ければ早いほど、肥満細胞腫、そのほかの癌、血管肉腫、リンパ腫、全癌組み合わせ、

行動障害、嵐に対する恐怖、を起こす率が増えました。

メスの不妊済の犬では不妊時期にかかわらず血管肉腫にかかる率が未不妊の犬の9倍にもなりましたが、オスでは未去勢でも去勢済でもこのタイプの癌に関しては差がありませんでした。

不妊手術済みの犬は不妊時期にかかわらず、未不妊の犬の4.3倍もリンパ腫にかかる率が多く、また、他のタイプの癌にも5倍の率でかかりやすかったです。

また、不妊手術済みの犬は未不妊の犬の6.5倍も全癌組み合わせの発生率が高く、去勢済の犬は未去勢の犬の3.6倍も発生率が高かったです。

結論としては、”生殖腺ホルモン除去による生物学的影響と性腺摘出を伴わない不妊法についてはさらなる研究が必要”とのこと。



German Shepherds Desexed Before 1 Year of Age Triple Their Risk of Joint Disorders
ジャーマン・シェパードに1歳齢前に不妊手術を施すと、関節障害を引き起こす可能性が3倍になる。

As I mentioned earlier, another very recent study was conducted at UC Davis, this time involving German Shepherds Dogs (GSDs). The study results suggest that spaying or neutering before 1 year of age triples the risk of joint disorders, in particular cranial cruciate ligament tears, in these dogs.7

The researchers analyzed the veterinary records of 1,170 GSDs, both neutered or spayed and intact, for a 14.5-year period. They looked for joint disorders and cancers already linked to desexing, and separated the dogs into categories that included intact, desexed before 6 months, between 6 and 11 months, and between 12 and 23 months.

The study found that 7 percent of intact males were diagnosed with one or more joint disorders compared with 21 percent of males neutered prior to 1 year of age. Five percent of intact females developed joint disorders, compared with 16 percent of females spayed before 1 year.

Intact female GSDs were found to develop mammary cancer at a rate of 4 percent, compared with less than 1 percent of females spayed before 1 year. Intact females had no diagnosed incidence of urinary incontinence, compared with 7 percent of females spayed before 1 year. According to lead researcher Dr. Benjamin Hart of the UC Davis School of Veterinary Medicine:

"Debilitating joint disorders of hip dysplasia, CCL and elbow dysplasia can shorten a dog's useful working life and impact its role as a family member. Simply delaying the spay/neuter until the dog is a year old can markedly reduce the chance of a joint disorder."8



最近の研究をもう一つ。今度はジャーマン・シェパードが対象です。結果はジャーマン・シェパードに関しては、1歳になる前に不妊手術を施すと関節障害、特に頭蓋十字靭帯( CCL )裂傷を引き起こす危険が3倍にもなると。。。研究の対象になったのは不妊済、未不妊の犬、計1170頭で、研究は14.5年間にわたりました。

不妊手術に関連する関節障害や癌の研究だったのですが、犬たちを4つのグループに分けました。未不妊のグループ、6か月齢になる前に不妊手術をうけたグループ、6か月から11か月年齢で不妊手術をうけたグループ、

そして、12か月から23か月齢で不妊手術をうけたグループです。結果は、未去勢の犬の7%が関節障害1つか二つをわずらっていると診断されたのに対し、1歳になる前に去勢された犬では21%にものぼり、

未不妊のメス犬の5%が関節障害を起こしたのに対し、1歳になる前に不妊手術をうけたメス犬では16%にのぼりました。しかし、乳がんに関しては、未不妊の犬の4%に対し、1歳になる前に不妊手術をうけた犬では1%にも

満たない犬が発生しました。未不妊のメス犬では尿失禁と診断された犬はいなかったのに対し、1歳になる前に不妊手術をうけたメスでは7%が発病しました。US Davis獣医学校のベンジャミン・ハート博士によると

”股関節異形成、頭蓋十字靭帯( CCL )裂傷、肘異形成などの衰弱性関節障害は、犬の有益な仕事期間を短くし、家族のメンバーとしての役割にも影響を与えます。

一歳になるまで待ってから不妊手術をするだけで、関節障害の発生は大きく減らすことができる”ということです。



My Preference Is to Sterilize, Not Desex

私なら生殖器を除去しない不妊手術の仕方をします。

Since simply delaying a spay or neuter until a dog is older doesn’t address all the health challenges we see in desexed versus intact pets, I like the Vizsla researchers' conclusion above that we need to investigate alternative methods of sterilizing dogs that do not involve removing the ovaries or testes.

As I explain in this video, over the years I've changed my view on spaying and neutering dogs, based not just on research studies, but also on the health challenges faced by so many of my canine patients after I spayed or neutered them. These were primarily irreversible metabolic diseases that appeared within a few years of a dog's surgery.

犬がより成長してから不妊手術を行うとしても、それでは手術済対未手術の犬で見受けられる健康問題に取り組むことにはなりません。ヴィズラ研究者の結論ーー卵巣や睾丸を取り除かずに犬の不妊をする他の方法を調査する必要があるーーが私は好きです。ビデオで説明しましたように、私は犬の不妊手術に関する自分の考えを変えましたが、それは研究結果だけではなく、私が不妊手術を施したたくさんの犬(患者)の多くが直面したいろいろな健康問題に基づいてしたものです。犬の手術をして2-3年後に現れたもとにもどせない代謝系の病気です。



These days I work with each individual pet owner to make decisions that will provide the most health benefits for the dog. Whenever possible, I prefer to leave dogs intact. However, this approach requires a highly responsible pet guardian who is fully committed to and capable of preventing the dog from mating (unless the owner is a responsible breeder and that's the goal).

My clients are incredibly responsible and educated. I’ve never had a single unplanned pregnancy in my veterinary career. But I realize I’m not providing medical care to the entire world, and the world is full of irresponsible people.

My second choice is to sterilize without desexing. This means performing a procedure that will prevent pregnancy while sparing the testes or ovaries so they continue to produce hormones essential for the dog's health. This can be done at any age, and could easily replace the current standard of desexing by high volume spay/neuter clinics and shelters around the country.

This typically involves a vasectomy for male dogs, and a modified spay for females. The modified spay removes the uterus while preserving the hormone-producing ovaries. This procedure is less invasive, requires shorter time under anesthesia, and yields the same results with no negative side effects.



今日、私は犬の飼い主さん、一人一人と相談して、その犬にとって一番有益となるような決定をするようにしています。できるだけ、不妊手術はしないようにしています。でもこのやり方は、ペットの飼い主さんが犬の繁殖を決してしないと決め、責任ある態度をとれる飼い主さんに限ります。(飼い主さんが責任あるブリーダーである場合は別ですが) 私の患者さん(ペットの飼い主さん)は信じられないくらい責任感が強く犬の飼育に関してもよくわかっているかたたちです。獣医になってから私は一度もあやまって妊娠してしまった犬の患者はいませんでした。でも、私が全世界の医療を担当している訳でもなく、世界には無責任な人がいっぱいいます。2番目に、私は生殖器を除去せずに不妊状態にする方法をとります。つまり、犬の健康にとって必須なホルモンを作り出す睾丸や卵巣を取り除かずに妊娠しないようにする方法です。この方法だといつでも(どの年齢でも)でき、現在アメリカ中のスペイ・ニューター(不妊)クリニックやシェルターで行われている方法(睾丸・卵巣の除去)に簡単に取って代わることができます。オス犬では精管切除を、メス犬では不妊手術修正版とでもいいましょうか、ホルモンを作り出す卵巣は残しておいて、子宮を取り除くのです。この方法だと、非侵襲的で、麻酔をかけている時間もより短くてすむし、副作用なしで同じ結果(不妊)をうみだすことができます。



The Problem of Homeless Pets
ホームレスの動物問題

I want to emphasize that I'm not advocating the adoption of intact shelter animals to people who may or may not be responsible pet parents. Shelter veterinarians don't have the time or resources to build a relationship with every adoptive family, so the animals they care for must be sterilized prior to adoption to prevent more litters of unwanted pets.

I would certainly prefer that shelter vets sterilize rather than spay or neuter homeless pets to preserve their sex hormones. However, currently the U.S. shelter system can’t accommodate alternative sterilization procedures, nor are veterinarians in this country routinely trained in how to perform anything other than full spays and neuters. So while I totally agree with the need to sterilize shelter pets, I don't necessarily agree with the method of sterilization being used.



未不妊のシェルター動物を責任あるかどうかもわからない人たちに里子にだすことを主張しているのではないということをここで強調したいと思います。

シェルターに勤める獣医師には、保護犬の新しい家族とよい関係を築く時間も資金もありませんので、動物は里子にだされる前にこれ以上望まれない命がうまれないよう不妊手術を施さなくてはなりません。

シェルターの獣医師たちには犬たちが性ホルモンを保持できるような不妊手術の仕方をしてほしいと思いますが、現在アメリカのシェルター・システムではそういった手順はできず、アメリカの獣医も普通の不妊手術以外のやり方は知らないのです。シェルターにいる動物の不妊が必要なことには私も同感ですが、現在の不妊手術のやり方には必ずしも賛成できないのです。







プロフィール

Chibi1988

Author:Chibi1988
チビちゃんが生まれたのは1988年秋。正式に私の子になったのが1989年3月15日。いっしょに住めるようになったのが1990年2月。それから2003年8月9日までずっといっしょでした。今も心の中ではいっしょです。チビちゃんをお兄ちゃんと慕っていた猫のあ~ちゃん、2012年1月22日にお星さまになってしまいました。チビちゃんを知らない2009年5月生まれのクーちゃんも2015年4月26日に6年という短い一生を終えました。FIVでした。そして後を追うようにデリーちゃん(13歳)が6月30日にお星さまになってしまいました。ルンちゃん、一人なってしまい静まりかえっていた家ですが、ご縁があり9月20日にコアラちゃん、11月7日にティガーちゃん、そして12月29日にマフィンちゃんを迎えいれることができました。(チビちゃんが亡くなって休止していたわんちゃんの里親さがしは2010年夏に再開しましたが、6頭目でつまづき、現在は休眠中です)ルンちゃん、コアラちゃん、ティガーちゃん、マフィンちゃんの毎日を記録に残したいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR