ワクチンの危険性

[Vaccine Risks] Should you still get them?
ワクチンの危険性 - それでもワクチンをするべきなのか?

If you are looking for alternatives to boost your pet's
immune system, and potentially prevent disease, you
should be looking to nutrition.

EFA's, Probiotics, Colostrum, Antioxidants.

ワクチンではなく何か他のものでペットの免疫システムを
高めそれにより病気を予防するとしたら、ペットに必要な
栄養のことを考えるべきです。

必要なものとは: EFAs、プロバイオティクス、
Colostrum,抗オキシダントです。

------------------------------------------------
Updated Vaccine Guidelines
------------------------------------------------

最新のワクチン情報:

Dog vaccinations: Should your dog have them?...
What are the RISKS? What can you give INSTEAD of
Vaccines?

犬のワクチン: 貴方の犬にはワクチンが必要? 
ワクチンの危険性は? ワクチンの変わりに
あなたのペットに与えられるものとは?

The conventional approach in the past was to get
annual ‘booster shots’, in the belief that vaccines
only provided immunity for approximately one year,
and that revaccination was required in order to boost
or maintain a dog’s immunity. This was the advised
protocol of veterinary associations for decades,
and most veterinarians followed that protocol.

従来の考えかたは、ワクチンの免疫効力はおおよそ1年なので、
犬の免疫を高めたり維持するには追加のワクチン接種が必要となり、
毎年”ブースターワクチン接種“が必要であるというものでした。
この考え方は何十年も獣医師会で推薦されてきたプロトコル
実施要領)で、ほとんどの獣医師がこれに従ってきました。

Recent American Animal Hospital Association (AAHA)
guidelines advise that all core vaccines are
recommended every 3 years, with the 1 year Rabies
being the exception. They have also stated that
distemper virus, parovovirus, and adenovirus vaccine
immunity lasts for at least 5 years; AAHA though still
suggests that your dog is given the vaccine more
frequently than the length of immunity.

アメリカ動物病院協会(AAHA)の最新ガイドラインによると、
主だったワクチン接種(パルボ、ジステンポーのこと)は
3年に一度がよく、狂犬病予防注射はこれらのワクチンとは違い
1年に一度がよいというものです。また、ジステンパー、パルボ、
アデノウィルス用のワクチン効力は少なくとも5年もつけれど、
その効力期間がきれる前にワクチン接種したほうがいいというものです。

More pet owners are now making the decision on
whether or not to re-vaccinate by checking
immunity levels with antibody titers. These
titers have become more standardized, and when
measured at a particular level, will give a good
indication if your pet has enough antibodies to
be protected.

より多くの飼い主が抗体濃度によりペットの免疫レベルを
チェックしてワクチンを再び受けさせるべきかどうか決断して
います。この抗体濃度はより標準化され、特定のレベルで
計量されると、ペットが十分な抗体をもっているかどうか
わかるのです。

The vaccine regimen I suggest is based in my own
research and experience in veterinary practice.
Puppies only need a series of two vaccine boosters,
one at 8 weeks then repeated at 12 weeks. I find
the most critical time to prevent infectious disease
is at this young age. In small puppies, I prefer to
wait until 12 weeks. The traditional third booster
in puppies is not necessary. If possible, delay
giving the rabies vaccine until 6 months.

私が勧めるワクチン指導計画は私自身の獣医師としての経験・
研究に基づいています。子犬に必要なワクチンは2回だけ
8週玲と12週玲)です。伝染病を防ぐ最も重要な時期が
この時期なのです。体の小さい子犬には1回目のワクチンを
12週玲まで待ちます。今まで行われてきた3回目のワクチンは
必要ありません。できることなら、狂犬病の予防注射は
生後6か月になるまで待ってください。

Puppies should only be vaccinated for parvovirus
(MLV – modified live vaccine) and Distemper (MLV).
Only give bordetella (kennel cough) vaccines if
going to a kennel or puppy class. Give rabies
vaccine (KILLED) at 6 months. I do not recommend
vaccinations for corona virus, leptospirosis,
lyme or giardia vaccines for dogs

子犬のワクチンはパルボとジステンパー用のものだけに
してください。ペットの預かり所やパピー・クラスに行く
予定がある場合に限り、Bordetella
(ケンネル・コフ)ワクチンをうってください。
狂犬病予防注射は6か月玲です。犬の場合、コロナ・ウィルス、
レプトスピローシス、ライム病、Giardiaワクチンは
おすすめしません。

--------------------------------------------------
THIS is NEW, and you should be aware of it
---------------------------------------------------
これから申し上げることは初めて申し上げることで、
皆さんも知っておくべきことです。

The 1 year boosters of which I had earlier advised
are now considered no longer necessary-
now even this is being advised from the vaccine
manufacturers. The next booster would not be
required until 3 years later. I personally would
only give my dogs the 8 and 12 week puppy boosters
for CPV and Distemper, then Rabies vaccine if I felt
there was risk of contracting Rabies, or as
required by law

以前私もお勧めしていた1歳玲時のワクチンは、
もう必要ないと考えられます。ワクチン製造業者自身も
そう言っております。子犬時の2回のワクチンのあと、
次に受けるのは3年後となります。個人的には自分の犬には
子犬の時の2回(パルボとジステンパーのみ)だけで、
狂犬病のワクチンは狂犬病にかかる危険性がある場合のみ、
または法律で決められている場合のみ、します。

The KEY to keeping your dog healthy, and
preventing disease is NOT with vaccines…

自分の犬を健康に保ち、病気を予防する鍵は
ワクチンではないのです。

1.Give your pet as FEW vaccines as INFREQUENTLY
  as possible.
2.Feed Quality Holistic Diet
3.Effective NATURAL Supplements, specifically
 those which aid in disease prevention, such as
  Colostrum, Essential Fatty Acids and
  and Probiotics
4.Regular Exercise/Avoidance of toxins
5.USE holistic options whenever possible

その鍵とは:

1. できるだけ、ワクチン接種しないこと
2. 質の良いホリスティック食事を与えること
3. 効果のあるナチュラル・サプリメント
     (病気を防ぐ助けをするサプリメントの
      Colostrum, Essential
      Fatty Acids,
      Probioticsなど)を与えること
4. 定期的に運動させ、毒物をさけること
5. できるだけホリスティクな方法を使うこと

Heal Your Pet At Home!

愛犬は自宅で治そう!

Dr. Andrew Jones
アンドウルー・ジョーンズ


P.S. Perhaps 40 years ago vaccine were
   very important.  Not so much now.
   What you feed, and DON'T feed is far
   more important.

   Such as...
   EFA's, Probiotics, Colostrum, Antioxidants.

追伸:
40年前はワクチンはとても重要なものだったかも
しれません。でも、今はそんなに重要ではなく、
与えるべき食事内容とまた何をあげてはいけないか、
の方がずっと重要なのです。

ペットに必要な栄養素: EFAs、プロバイオティクス、
Colostrum,抗オキシダント

DISCLAIMER: This information is for educational
purposes only and is not intended to replace
the advice of your own veterinarian. Dr Andrew
Jones resigned from the College of Veterinarians
of B.C. effective December 1 2010, meaning he
cannot answer specific questions about your pet's
medical issues or make specific medical
recommendations for your pet.

ご注意:上記情報は教育目的のもので
かかりつけの獣医師のアドバイスをくつがえすものでは
ありません。Dr.ジョーンズは2010年12月付で
カナダ・ブリティッシュ・コロンビアの獣医学校を辞職して
おり、あなたの愛犬の健康問題についての質問に答えたり、
特定の医学的助言をしたりすることはできません。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chibi1988

Author:Chibi1988
チビちゃんが生まれたのは1988年秋。正式に私の子になったのが1989年3月15日。いっしょに住めるようになったのが1990年2月。それから2003年8月9日までずっといっしょでした。今も心の中ではいっしょです。チビちゃんをお兄ちゃんと慕っていた猫のあ~ちゃん、2012年1月22日にお星さまになってしまいました。チビちゃんを知らない2009年5月生まれのクーちゃんも2015年4月26日に6年という短い一生を終えました。FIVでした。そして後を追うようにデリーちゃん(13歳)が6月30日にお星さまになってしまいました。ルンちゃん、一人になってしまっていたところ、ご縁があり2015年9月20日にコアラちゃん、11月7日にティガーちゃん、そして12月29日にマフィンちゃんを迎えいれることができました。(チビちゃんが亡くなって休止していたわんちゃんの里親さがしは2010年夏に再開しましたが、6頭目でつまづき、現在は休眠中です)4人+私で仲良く暮していたのですが、2017年4月24日、ルンちゃんが16歳でお星さまになってしまい、2015年生まれの若い3人(コアラちゃん、ティガーちゃん、マフィンちゃん)が残されました。みんなが健康で穏やかな毎日を過ごせるよう祈りながら、みんなの記録を残したいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR