Kabuki & Horses 歌舞伎 と 馬

Horses in Kabuki










馬の博物館へ行ってきました。
きょうから6月8日までテーマは
”歌舞伎と馬”
馬(人間二人が中に入っています)が
登場する歌舞伎のシーンもビデオで
見れます。

歌舞伎は苦手ですが
展示品は興味深く、一応見てきました。

でも、目的はポニー・センターにいる
お馬さんたち。(得にマイネル・キッツ)

以前は博物館の建物の前の芝生
広場に2-3頭放牧されていたものですが
お天気がいいのに先週も今回もいませんでした。


トウショウ・ファルコの碑には
きょうもきれいなお花が添えられていました。

一時間ほど早く着いたので、馬場の回りをぐるっと
歩いてきましたが、その時、あるものを
発見。前からあって私が見損なっていたものかも
しれませんが、小さな放牧囲いのむこうに
お馬さん数頭(それぞれ小さいですが)いっしょの
の銅像。その後ろにはミニ・藤棚が。

先週きれいに咲いていた桜(ぼんぼりっぽい)の
桜吹雪も見れました。

小鳥のさえずりも心地よく、お天気がよくて
暑いくらいの日でした。

ぐるっと回ってもニンジン・タイムには
まだまだなので、厩舎にいるお馬さんたちを
遠くからながめたり(ダンサーくんだけこっちに
おしりを向け、伏せしてました)
マロンちゃんが干し草を食べているところを
見ていたりしましたが、ペルニーちゃんがいた
囲いにはホワイト・ミニーちゃんがいました。

ニンジン・タイムでは先週、東京の競馬場に
”出張”していたみかんちゃん(メスだと
ばかり思っていましたら、オスでした)に
さわらせてもらいました。(ニンジンは
ダンサーくんとグッドバイ・レディーちゃん
だけ)

写真とはずいぶん違うので、最初 ? 
でしたが(頭の髪の毛がまとめてなく
ボサボサ)とても小さくてかわいい
お馬さんでした。




Koinobori at Equine Museum

今年もこいのぼりの季節です。




Children's Day Banner

こともの日にはイベントが盛りだくさん!




Koinobori

鯉さんもいきおいよくたなびいて。。。




Tokinominoru

いつもは行かない奥の方のトキノミノル像




Negishi Horseracing

日本で初めて洋式競馬場があった場所
150年前にタイム・トラヴェルして
みたいですね。




Equine Museum Map

馬場の向こう側を歩くと
遠くで子供たちの声がきこえます。
根岸森林公園に遊びにきている
子たちの声だと。




History of Equine Museum

根岸競馬場と馬の博物館の歴史





Museum Entrance

馬の博物館入口
横浜市民はこちらの”友の会”会員に
申し込めば、年中入館料無料。
(ただし、募集はいつでもしているわけでは
ありませんが)

会員でない人は、その時の展示物によって
入館料100円だったり200円だったり
します。

こどもの日など特別な日は
入館料無料となります。




Uma Saka

ポニー・センターにつづく
馬坂




Tosho Falco Memorial

トウショウ・ファルコの碑には
きょうもきれいなお花が添えられていました。




Nature

馬坂からちょっとそれても
自然を堪能できます。




Birds in Cage

小鳥さんの大かごも。




Pony Centre

ここがポニー・センター
名前は”ポニー・センター”ですが
以前は引退したサラブレットや普通の大きさの
お馬さんのほうが多かったです。
このところ、小柄なおうまさんが
数頭加わって、いままで全部で8頭だったのが
10頭になっていました。

中ぐらいの大きさで力もちのマーカスくんは
マイネル・キッツに場所をとられて
ニンジン・タイムでも奥の厩舎に
引っ込んだまま。ちょっとかわいそう。





Pony Centre and Riding Grounds

遠くから眺めたポニー・センター




Good-bye Lady

元気そうなグッドバイ・レディーちゃん。
この間ほど眠そうでなかったです。




Miner Kitz

そして、マイネル・キッツ。
そばにいた人がマイネル・キッツの
名前を連発していました。
(あの天皇賞馬だよ、って)




Mineir Kitz closeup

おとなしいお馬さんです。




Maron

こちらはニンジン・タイム前の
マロンちゃん。マロンちゃんには
ニンジンをあげられませんが
なでてあげられます。
(お馬さんってとっても固いんです!)





Maron and a girl watching

こんにちは、マロンちゃん!





Mikan

今年2月にきた”みかんちゃん”(オス)
写真(ポスター)のみかんちゃんは
女の子っぽいですが、頭の毛、ボサボサの
みかんちゃんは、男の子って感じ。
かわいいお馬さんです。




Mikan explanation





Horse sculpture

”楽土”(らくど)という題名の
作品。いろんな表情のお馬さんが。




Sculpture Name

そして、その後ろには藤棚の
藤が。




Fuji Flowers






Sakura petals

桜ふぶきで
地面は桜カーペット。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chibi1988

Author:Chibi1988
チビちゃんが生まれたのは1988年秋。正式に私の子になったのが1989年3月15日。いっしょに住めるようになったのが1990年2月。それから2003年8月9日までずっといっしょでした。今も心の中ではいっしょです。チビちゃんをお兄ちゃんと慕っていた猫のあ~ちゃん、2012年1月22日にお星さまになってしまいました。チビちゃんを知らない2009年5月生まれのクーちゃんも2015年4月26日に6年という短い一生を終えました。FIVでした。そして後を追うようにデリーちゃん(13歳)が6月30日にお星さまになってしまいました。ルンちゃん、一人になってしまっていたところ、ご縁があり2015年9月20日にコアラちゃん、11月7日にティガーちゃん、そして12月29日にマフィンちゃんを迎えいれることができました。(チビちゃんが亡くなって休止していたわんちゃんの里親さがしは2010年夏に再開しましたが、6頭目でつまづき、現在は休眠中です)4人+私で仲良く暮していたのですが、2017年4月24日、ルンちゃんが16歳でお星さまになってしまい、2015年生まれの若い3人(コアラちゃん、ティガーちゃん、マフィンちゃん)が残されました。みんなが健康で穏やかな毎日を過ごせるよう祈りながら、みんなの記録を残したいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR