コアラちゃん、受難の日 The Worst Day for Koala-chan

Koala-chan Apr 9 2016 (before neutering) (13)

去勢手術の日の朝6時
何も知らないコアラちゃん。






Koala-chan Apr 9 2016 (before neutering) (6)

右目(向かって左の目)のふちが
赤いのがおわかりですか?
特に上のふち。






Koala-chan Apr 9 2016 (before neutering) (5)

のんびりリラックスのコアラちゃん





Koala-chan Apr 9 2016 (before neutering) (11)

グルーミングしている時、
こすりすぎたのかもしれません。






Koala-chan Apr 9 2016 (before neutering) (9)

マフィンちゃんとティガーちゃんが
寄ってきたので気になるコアラちゃん






Koala-chan Apr 9 2016 (before neutering) (3)

朝ごはんは~~?





Koala-chan Apr 9 2016 (before neutering) (7)

あっ、マフィンちゃんが上へ






Koala-chan Apr 9 2016 (before neutering) (1)





Koala-chan Apr 9 2016 (before neutering) (10)





Koala-chan Apr 9 2016 (before neutering) (8)






Koala-chan Apr 9 2016 (before neutering) (4)



昨日(4月9日、土曜日)はコアラちゃんの
一生で最悪の日だったと。。。

きのうはコアラちゃんの去勢手術の日でした。

予約を入れてから、なんだかずっと気が滅入っていた
私。

以前の私なら、生後5か月頃、去勢手術するのは
当たり前。小さいうちに手術した方が治りも
早いし。全く躊躇しませんでした。

今回は、コアラちゃん、8か月令頃、手術しましょう、と
いうことになっていました。でも、風邪をひいて
通院したりで、遅くなってしまいました。

9か月ちょっとのコアラちゃん。
すらっとした体格はかわらず
体重も2月から増えていません。
(2月28日に4.52kg、きのうは4.55kg)

風邪で通院したことで動物病院は
こわい所という図式ができてしまっていました。

2日前から、右目のふちがいつもより赤く
(普段はうすいピンク)、でも風邪の症状はでていず
食欲旺盛なので様子をみていました。

手術延期したほうがいいのか、と迷いましたが、
だいじょうぶそう、と予定通りにすることに。

前の日の晩御飯のあとからケージの中のコアラちゃん。
だして、だして、は一切せず、でも”なんで、僕、この中に?”
というお顔をしてずっと私を見つめていました。

朝になり、朝ごはんもでないし、、、と不思議がっていました。

10時にうちをでて、夕方お迎え。 これが終わってしまえば、
もう嫌な思いもすることないだろうから、がまんね。

今までは去勢手術でこんなに心配することは
ありませんでした。とにかく、無事、手術がすみますように。
切口も腫れたりしませんように。。。。

ずっと前の話ですが、埼玉の獣医さんのところで
去勢手術で亡くなったオスのネコちゃんがいたのです。
それも兄弟2匹とも。胴長のネコちゃんだったそうで、
原因は不明。手術がへたな先生ではなく、経験ある先生
だったそうです。その話を思い出し、なおさら
心配に。。。

たかが不妊手術といえども、なにがあるかわからないし、、、

10時半まで必ず来るようにと言われていたので
いつものようにタクシーを電話でお願いすると
いつもは5-10分できてくれるのに、今回は20分位
かかります、と言われ、あんまり早くキャリーに移しても
こわがらせるかも、、、とすぐキャリーに移さないでいたら
電話があり、もう下に来てます。。。

あわてて、ケージから移そうとして、、、
案の定失敗しました。
そのあとはトムとジェリー状態。
おまけに他の3匹も自分が追いかけられていると思って、
コアラちゃんと同じ方向に逃げたり。。。

やっとふすまをしめて台所に、、、
でも、他の3匹もきちゃってる。逃げ惑うみんな。

狙いはコアラちゃん。でも、みんなにはそれがわからない。

すばしこいコアラちゃん。何度かもうちょっと、、、があり、
そのあと、コアラちゃんの姿が消え。。。
マフィンちゃんは洗濯機の横、
ティガーちゃんはお風呂場のドアの前のカーテンのうしろ、
ルンちゃんは洗濯機の前、、、変ね~~と
何回見ても同じ。なんで?どうして?

そして、ピン! 親亀の背中に子亀。
あたりでした。マフィンちゃん一人だと思ったところが、
その真下にコアラちゃんがいました。

さあ、どうやって捕まえるか。。。

コアラちゃん、洗濯機の後ろに回ろうとするので
(そんなスペースないのですが)、この際仕方ないと
首の後ろを思いっきり強くつまんで引き出し、
キャリーケースへ。

もう、くたくたでした。

病院へつくと、混んでいて、1時間待たされ、
なんだ、これなら11時~11時半でもよかったんじゃーー。
おまけに、うるさいコーギーがいて、わんちゃんが
入ってくるたびに、ウーウーうなっては吠え。
(でも、このわんちゃん、診察室に入っていく所を
見たら、おしりむちむち、ぼんぼりしっぽで
なかなかかわいい子でした)

やっとうちの順番になって、先生に
目のふちが赤いこと(得に上のふち)など
話、見ていただいてから手術を、、、と
お願いしました。

後ろ髪をひかれる思いで帰宅。

お台所のぐちゃぐちゃをなおしていると、
(あれだけ派手にお鍋やお皿を下に落っことした
割に、壊れていたお皿は一枚もなし。不思議。)
電子レンジがなぜかすこし前にでちゃっていたので、
元にもどそうと押しても動かない。

???と後をのぞくと、猫じゃらしのさきっぽが見え、
そういえば、以前レンジの後あたりに落っことしたかも、、、
とひっぱっても、でてこない。???

あらま~ティガーちゃんのしっぽでした。
(あの、モダンな縞々)
無理に入り込んで、固まってました。

よっぽどこわかったんだと思います。
ごめんね、ティガーちゃん。
無理にださないで、そっとしておきました。

マフィンちゃんはしばらくどっかに隠れていましたが、
その内、でてきて、抜き足差し足。










唯一、ルンちゃんは、いつもと同じ調子で、テーブルの上にドン。
”僕、だいじょうぶだよ” だそうです。
おしゃべり、ルンちゃん。
ルンちゃんもこわかっただろうに
回復が早いです。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chibi1988

Author:Chibi1988
チビちゃんが生まれたのは1988年秋。正式に私の子になったのが1989年3月15日。いっしょに住めるようになったのが1990年2月。それから2003年8月9日までずっといっしょでした。今も心の中ではいっしょです。チビちゃんをお兄ちゃんと慕っていた猫のあ~ちゃん、2012年1月22日にお星さまになってしまいました。チビちゃんを知らない2009年5月生まれのクーちゃんも2015年4月26日に6年という短い一生を終えました。FIVでした。そして後を追うようにデリーちゃん(13歳)が6月30日にお星さまになってしまいました。ルンちゃん、一人になってしまっていたところ、ご縁があり2015年9月20日にコアラちゃん、11月7日にティガーちゃん、そして12月29日にマフィンちゃんを迎えいれることができました。(チビちゃんが亡くなって休止していたわんちゃんの里親さがしは2010年夏に再開しましたが、6頭目でつまづき、現在は休眠中です)4人+私で仲良く暮していたのですが、2017年4月24日、ルンちゃんが16歳でお星さまになってしまい、2015年生まれの若い3人(コアラちゃん、ティガーちゃん、マフィンちゃん)が残されました。みんなが健康で穏やかな毎日を過ごせるよう祈りながら、みんなの記録を残したいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR