Vaccination for Pets ワクチンのこと

下記の文章はワクチンに関してのある獣医さんの見解です。

私が今現在信じている考えではありませんが、
一部は賛同できるところもありました

いろんな意見がとびかう中、どれを信じるべきなのか。。。
いろいろ調べていますが、まだはっきりした結論には
達していません。

獣医学校で教わったことを何十年もそのまま
実行している獣医さんもいるでしょうし、
新たな知識・データを重んじる獣医さんも
いるでしょうし。

ただ、人間の医療機関と同じで
動物病院と製薬会社の癒着はどこにでも
ありそうです。




http://www.petmd.com/dog/care/evr_dg_to_vaccinate_or_not_a_vets_perspective#

By T. J. Dunn, Jr., DVM



Among pet caretakers few topics are more debated than that regarding the vaccination of dogs (and cats). How often do dogs need shots? Which shots are essential and which are overkill? Is the vaccination of dogs and cats even necessary? In years past, vaccinations for all sorts of diseases were recommended to be given annually ... year after year. That protocol was followed by veterinarians because they were told to do so by the vaccine manufacturers in order to ensure optimal immunity for as many pets as possible.

ペットを世話する人たちの間で、犬・猫のワクチンについてほど討論されている議題はありません。 どの位頻繁にしたらいいのか? どのワクチンが必須で、どのワクチンが過剰のものなのか?もともとワクチンは必要なものなのか? 今まではいろんな病気に対するワクチンの接種は年に1回がいいと勧められてきました。獣医師はこのプロトコルはよりたくさんの動物に最高の免疫を保つため必要だからとワクチン製造業者言われ、そのようにしてきたのです。



If a veterinarian independently decided not to follow the label recommendations on the vaccines, and an animal subsequently developed a disease that the veterinarian decided vaccination for wasn't needed, the veterinarian was vulnerable to being sued. Ethically and legally the veterinarian must follow label recommendations for the administration of biologicals.

もし獣医がワクチンの製造業者による勧めに従わず、その結果、ある動物がその病気にかかってしまったら、それに対して訴えられる可能性がでてきます。ワクチン接種に関しては道徳的見地からいっても、法的にみても獣医はラベルに記載してあることに従わなくてはいけません。



In recent years, the vaccine manufacturers have been under some pressure to show data that truly demonstrates a need for annual vaccinations for dogs (and cats). Part of the drive for reconsideration of vaccine protocols has been coming from Holistic veterinary practitioners, many of whom believe that repeated vaccinations diminish the animal's immune resources and can actually create disorders such as degenerative joint diseases, immune mediated disorders such as Lupus, and can actually depress the animal's ability to ward off diseases "naturally". A few holistic veterinarians believe that all vaccines are harmful.

近年、ワクチン製造業者は犬・猫の毎年のワクチンが本当に必要だということを示すデータを公表するよう圧力を加えられています。このワクチン・プロトコルの見直しを求める動きはホリスティック獣医師からもきています。ホリスティク獣医師の多くはワクチンを繰り返し接種すると動物の免疫力が減少し、進行性関節病などの病気にかかったり、ループス*のような免疫に影響される病気にかかったり、動物の”自然”に病気を撃退する能力を低下させると信じています。ワクチンは全て有害だと信じているホリスティク獣医師もいます。

*Lupus:

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412371739



On the other hand, there are veterinarians -- from general practitioners to research scientists with advanced degrees in immunology -- who contend that vaccinations are a modern marvel, responsible for saving uncountable animal lives ... just as vaccines have helped rid the world of savage human diseases such as smallpox and polio.

一方、ワクチンは近代におけるすばらしいものであり、数えきれないほどの動物の命を救ってきたと議論する動物開業医や免疫研究者もいます。ワクチンが人間の天然痘や小児麻痺のような残酷な病気の撲滅に貢献したように、と。



So how is today's dog and cat caretaker going to make an informed decision about their own pet's vaccine needs, including how often to vaccinate?

それでは、今日の犬・猫の飼い主は、ワクチンをどのくらい頻繁にしたほうがいいのか、も含め、自分のペットのワクチンに関してどうやって正しい選択ができるのでしょう?



I will share a recent email I received from a pet caretaker expressing just such a dilemma ...

こういったディレンマをかかえたペットの飼い主からのe-mailを紹介します。

Question:


Dear Dr. Dunn,

ダン先生へ、

I was wondering if you would share with me your opinion about yearly shot or shots for my Yorkie. He will be one year old soon and has had all his shots to date. I read on a Yorkie site the opinions of three Veterinarians who expressed that dogs only need shots two or three times in their entire life.

私はヨーキーの飼い主ですが、毎年の(あるいは年に数回の)ワクチンについての先生のお考えを教えていただきたいと思っています。うちの犬はもうすぐ1歳になりますが、これまでするべきワクチンは全てやってきました。ヨーキーに関するインターネット・サイトで、犬は生涯2回か3回のワクチンだけ必要だと考える3名の獣医師の考えを読みました。

Thank you for your help with this question. N. H.

この質問に対する先生のお考えをお願いします。



Dr. Dunn's response:
ダン先生の返答:

The problem is this: Most dogs will hold protective immunity longer than a year when given vaccines (but there are variables). So when a veterinarian sees a dog in practice and the owner asks "Does my dog need that Distemper or Parvo vaccine this year?" the veterinarian has no way of knowing what the dog's immune status is for those diseases (although there are vaccine titer blood tests available that can tell if the pet is still immune to the disease it was vaccinated for previously). You and the doctor can only guess.

問題は、、、ほとんどの犬はワクチンを接種されてから1年以上(変数はありますが)免疫性を保持します。なので、動物病院で獣医師が犬を診察中、飼い主が”あのディステンパーやパルボのワクチンは今年も必要ですか?”ときけば、獣医師は実際の犬のそういった病気に対する免疫状態を知りようがないのです。(ワクチンに対する免疫がまだあるかどうか調べるタイター血液検査というものはありますが) (タイターテストをしなければ)獣医師も飼い主も”多分、こうだろう”としか考えようがないのです。



What if you skip a few years and in fact the dog's immune status is low and actually contracts the disease? You would be pretty upset that the veterinarian said "The dog didn't need a vaccine this year." You might even be able to sue the doctor for suggesting that the dog "didn't need a vaccine this year" without having any proof for the veracity of that statement. The veterinarian can only guess what the dog or cat's immune status is.

もし、2-3年ワクチンをしないでいて、犬の免疫状態が悪くなり、実際に病気にかかったら? 飼い主は、獣医師が”今年はワクチンいらないです”と言ったことに対して、腹をたてるでしょう。はっきりした証拠もなしに、そう言ったことに対して、その獣医師を告訴することだってできます。獣医師は犬・猫の免疫状態に関して推測しかできないのです。



Some holistic veterinarians think all vaccinations are actually harmful and destructive (and ignore the fact that diseases such as smallpox and polio are almost non-existent today due solely to the use of vaccines to protect the population from the diseases). My personal belief is that we may not need to vaccinate dogs and cats yearly for a number of diseases.

ホリスティク獣医師の中にはワクチンは全て有害で破壊的だと考えている人もいます。(今日天然痘や小児麻痺が存在しないのはワクチン接種のおかげだという事実を無視して) 私個人の考えとしては、たくさんの病気に対して毎年ワクチンする必要はないかもしれないと思っています。


Conversely, if the goal is protective levels of immunity, maybe we should vaccinate more often than once a year for some others (such as Kennel Cough).

逆に言えば、もし目標が免疫レベル保持ということなら、年に一回以上する必要があるものも(たとえば、ケンネル・コフ)あるかもしれません。



But since I have no way to know which individual dogs/cats do need protection and what individuals do not need additional vaccination, I must take a stand for vaccinating to provide my patient (with the owners' informed consent, of course) with the best level of protection I have available.

私は、どの犬・猫が追加のワクチンが必要で、どの犬・猫が必要でないかは、知りようがないので現在可能な限りの保護措置(ワクチン)を、(もちろん、飼い主の了承を得て)することに賛成とします。



And that is just to vaccinate. Through 38 years of managing pet diseases and seeing tens of thousands of patients live well into their teens that have had numerous vaccines almost yearly throughout their entire lives, I am not convinced by experience that vaccinating has a destructive effect on the overwhelming majority of animals.

ワクチン接種に関して、ということです。38年間ペットの病気を治療し、何万頭の患者がほとんど毎年いろんなワクチンを受けながら10歳代まで生きてきました。経験からも、大多数の動物に対し、ワクチンが破壊的影響を与えるとは考えられません。



I am, however, convinced that vaccinating has saved uncountable lives from the ravages of parvovirus and distemper... not to mention potential rabies cases. If a animal has an allergic reaction to a vaccine then obviously, a different approach is needed than to repeat that vaccine.

私はワクチンはパルボやディステンパーなどの猛威から(狂犬病からも)たくさんの命を救ってきたと信じています。 ワクチンにアレルギー反応を起こす犬に関しては、もちろん、ワクチンを繰り返さず、違った方法が必要です。



If I see a very old pet that has very little exposure potential to contagious diseases and that has been vaccinated numerous times throughout its life, I intellectually and experientially have less inclination to revaccinate that animal yearly. But I must assume it has some level of immunity because I have no way of really knowing.

老齢のペットに関しては、もし伝染性の病気にかかる恐れがほとんどなく、今まで何回もワクチンを受けてきたのであれば、経験からも、毎年ワクチンを続ける必要はあまり感じられません。


In addition, older pets are known to have less potential to contract parvovirus and distemper. The rabies topic needs to be treated very carefully because any warm blooded animal of any age or health status has potential to contract rabies if exposed. Not to be forgotten, unlike some other animal diseases, rabies is nearly always fatal in humans. This is why nearly every state requires dogs get their rabies vaccine, but the law varies on how often to give dogs rabies shots. According to the ASPCA, some states require dogs get their shot every year, while other states require dogs to get their rabies shot every three years.

さらに、老齢のペットはパルボやディステンパーにはかかりにくりと知られています。狂犬病に関しては、どの年齢、健康状態であっても、この病気にさらされれば移る可能性があるので、非常に注意深く考える必要があります。なので、どの州でも犬は狂犬病の予防注射を受けることになっていますが、どの程度頻繁に受けるべきかは州によって法律が違います。ASPCAによると、毎年必要な州もあれば、3年に一度だけという州もあります。



The response above is my personal opinion, based upon 32 years of small animal practice and seven years of college study. My personal, experience-driven practice protocols may be different from another veterinarian's.

上記は私の32年間の開業医としての経験と7年間の大学での研究に基づいたものです。私の経験に基づいたプロトコルは他の獣医師とは違うかもしれません。



So the bottom line for per caretakers is this: In arriving at a decision about vaccinating your dog or cat, get the facts about vaccinations, listen to your veterinarian, then get a few other opinions from other veterinarians. (Remember that any individual could have an adverse reaction to a vaccine. If that does happen, of course it might be risky to revaccinate for that disease and it may be best not to vaccinate for that disease in the future.)

ペットの飼い主にとって肝心なことは。。。飼い犬・飼い猫にワクチン接種をするかどうか決心する際には、ワクチンに関しての事実を知り、かかりつけの獣医師の話をきき、他の獣医師数名の意見もきくことです。(ワクチンが副作用を起こす犬・猫もいます。もし副作用がおきた場合には、もちろん、ワクチン再接種は危険ですので、将来そのワクチンはしないほうがいいです)



If someone tells you that vaccines cause disease or weaken an animal's immune capabilities, ask to see the data that proves that position. Then you make the call. You are the final authority regarding your pet's health care.

もし、ワクチンは病気を引き起こすとか、動物の免疫力を弱めるとか言う人がいたら、それを証明するデータを見せてほしいと言ってください。電話をして調べるのはあなたです。あなたのペットの健康に関してはあなたが最終的な権威者なのですから。



Once you feel you are comfortable with your assessment of the vaccine topic, no one should pressure you into doing something different.

ワクチンに関しての自分の評価がまとまったら、他の誰にも自分が正しくないと考えていることをさせられることはないのです。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chibi1988

Author:Chibi1988
チビちゃんが生まれたのは1988年秋。正式に私の子になったのが1989年3月15日。いっしょに住めるようになったのが1990年2月。それから2003年8月9日までずっといっしょでした。今も心の中ではいっしょです。チビちゃんをお兄ちゃんと慕っていた猫のあ~ちゃん、2012年1月22日にお星さまになってしまいました。チビちゃんを知らない2009年5月生まれのクーちゃんも2015年4月26日に6年という短い一生を終えました。FIVでした。そして後を追うようにデリーちゃん(13歳)が6月30日にお星さまになってしまいました。ルンちゃん、一人になってしまっていたところ、ご縁があり2015年9月20日にコアラちゃん、11月7日にティガーちゃん、そして12月29日にマフィンちゃんを迎えいれることができました。(チビちゃんが亡くなって休止していたわんちゃんの里親さがしは2010年夏に再開しましたが、6頭目でつまづき、現在は休眠中です)4人+私で仲良く暮していたのですが、2017年4月24日、ルンちゃんが16歳でお星さまになってしまい、2015年生まれの若い3人(コアラちゃん、ティガーちゃん、マフィンちゃん)が残されました。みんなが健康で穏やかな毎日を過ごせるよう祈りながら、みんなの記録を残したいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR