Pawternity or Pupternity

http://healthypets.mercola.com/sites/healthypets/archive/2016/08/04/pawternity-leave.aspx?utm_source=petsnl&utm_medium=email&utm_content=art1&utm_campaign=20160804Z3&et_cid=DM112723&et_rid=1601841424

イギリスでのことですが、、、
日本ではありえないことですが。。。

イギリスの会社では、従業員に”Pawternity”
(Maternityをもじって、Paw+ternity)を
認めているところがあるそう。

人間の産休に相当するこのお休み、有休休暇です!

新しい家族(子犬、こねこ)を迎える時に使えるそう。
普段は忙しくても、その間はずっと家にいて
その子が新しい環境に慣れるよう、見守れます。
(ちゃんとお給料ももらえるし)

数日から数か月までいろいろなようですが、
(会社のトップの方が決めるのでしょうが)
なんともうらやましい待遇ですね。

むか~し、スウェーデンでは半年も産休とれると
きいたことがあります。母親でも父親でも、
どっちでもいいそうでした。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chibi1988

Author:Chibi1988
チビちゃんが生まれたのは1988年秋。正式に私の子になったのが1989年3月15日。いっしょに住めるようになったのが1990年2月。それから2003年8月9日までずっといっしょでした。今も心の中ではいっしょです。チビちゃんをお兄ちゃんと慕っていた猫のあ~ちゃん、2012年1月22日にお星さまになってしまいました。チビちゃんを知らない2009年5月生まれのクーちゃんも2015年4月26日に6年という短い一生を終えました。FIVでした。そして後を追うようにデリーちゃん(13歳)が6月30日にお星さまになってしまいました。ルンちゃん、一人なってしまい静まりかえっていた家ですが、ご縁があり9月20日にコアラちゃん、11月7日にティガーちゃん、そして12月29日にマフィンちゃんを迎えいれることができました。(チビちゃんが亡くなって休止していたわんちゃんの里親さがしは2010年夏に再開しましたが、6頭目でつまづき、現在は休眠中です)ルンちゃん、コアラちゃん、ティガーちゃん、マフィンちゃんの毎日を記録に残したいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR