不妊・去勢手術の真実 Truth about Spaying & Neutering




http://healthypets.mercola.com/sites/healthypets/archive/2013/09/30/neutering-health-risks.aspx

”Why I’ve had a change of heart about neutering pets”
”私がペットの不妊についての考えを変えた理由”


By Dr. Becker  カレン・ベッカー獣医

Whenever I discuss scientific evidence related to the health risks of spaying and neutering here at Mercola Healthy Pets or on my Facebook page, I receive a lot of negative feedback from people who are absolutely certain I'm encouraging pet overpopulation and irresponsible pet ownership. So, I decided to make a video to explain to those who are standing in judgment why nothing could be further from the truth.



私が、マーコラ・ヘルシー・ペットのサイトや自分のフェイス・ブックのページでペットの不妊手術の健康におよぼす危険についての科学的証拠について話をするたび、私があたかもペットの人口過剰問題や無責任なペット飼育を奨励していると確信しているような人たちから否定的な感想をたくさん受け取ります。

I Was Once a Huge Advocate of Spaying or Neutering Every Dog at an Early Age

でも、私はかつて、どの犬にも早期不妊手術を勧める不妊手術推進派だったのです。

I started volunteering at an animal shelter when I was 13 years old. I started working there when I was 14. I cleaned cages. By the time I was 17, I had become certified as a euthanasia technician by the Iowa State College of Veterinary Medicine. The ten years I spent working at a kill shelter and the exposure to certain clients and cases in my veterinary practice over the years have taught me more than I ever wanted to know or could share in this video about abused, neglected, and unwanted pets.



私は13歳の時に動物のシェルターでボランティアを始めました。そして14歳の時にはそこで働きはじめました。ケージをきれいにする仕事でした。17歳になる前に私はアイオワ州立獣医学校認定の動物安楽死テクニシャンとなりました。キル・シェル―ターで過ごした10年間、そして獣医として開業してからいろんな飼い主に会い、いろんなケースを経験して、動物の虐待、不適切な飼育、捨てられる動物について、知りたくない位のたくさんのこと、このビデオでお話しできないようないろんな事を学びました。

When I first opened my animal hospital, I was so adamant about my clients spaying their female pets before the first heat cycle, that if they didn't follow my advice, I really became upset. I tried not to show it outwardly, but I suggested that those clients might be more ethically aligned with another veterinarian who didn't feel as strongly about the subject as I did.

動物病院を開業したばかりのころ、メス犬の飼い主さんには最初に発情が来る前に不妊手術をしなくてはと断固に言い張り、飼い主さんが私のアドヴァイスの通りにしないと、非常に動揺して、顔にださないようにはしましたが、不妊手術についてわたしのように真剣ではない獣医さんの方へいかれたほうがいいかもしれませんね、というようなことを言ったものです。



That was my politically correct way of saying, "Maybe you should go to another vet," because I would literally lose sleep over having intact patients in my practice. I spayed and neutered thousands of my patients when they were very, very young, assuming I was completing my moral task as an ethical veterinarian.

当時は不妊していない患者(動物)がいると文字通り眠れなかったのです。倫理的な獣医としての道徳的つとめを果たしていると考えていたので、何千匹もの患者(犬・ねこ)を非常に若い時期に不妊手術しました。

Five Years into Private Practice, Many of My Canine Patients Began to Develop Endocrine Imbalances and Related Diseases

About five years after my practice opened, many of my patients started to develop endocrine issues. This was obviously very concerning to me, as these animals were not over-vaccinated. They were all eating biologically appropriate, fresh food diets.

開業して5年たち、私の患者の犬たちの多くが内分泌腺(ホルモンの)不均衡とその関連病にかかったのです。ワクチンのし過ぎはしていませんでしたので、どうしてなのかとても心配でした。みんな生物学的にも適切な、新鮮な食べ物を食べていました。

The first light bulb went off in my head when I started researching why up to 90 percent of ferrets die of endocrine imbalance, specifically adrenal disease or Cushing's disease. Mass-bred ferrets that enter the pet trade are desexed at about three weeks of age. The theory behind why most ferrets develop endocrine imbalance is that juvenile desexing creates a sex hormone deficiency, which ultimately taxes the last remaining tissues of the body capable of producing a small amount of sex hormone – the adrenal glands. So I began to wonder… could the same phenomenon be happening with my dog patients?

どうしてフェレットの90%が内分泌腺不均衡、すなわち副腎病やクッシング症候群(副腎皮質ホルモンの過剰によって起こる病態)で死んでしまうのか研究を始めた時、頭の中でぱっとひらめいたのです。ペット市場のフェレットは大量繁殖され、生後3週間ぐらいで不妊・去勢されます。

どうしてほとんどのフェレットが内分泌腺不均衡をおこすのか、理論としては早期不妊により性ホルモン欠乏がおこり、そのため、ほんの少量のホルモンを作り出すことができる唯一残された体の組織である副腎に重い負担がかかってしまうのです。

そこで、もしかして、私の患者にも同じ現象が起こっているのではないか、と思うようになりました。

By 2006, the number of dogs I was diagnosing with hypothyroidism was at an all-time high. Diagnosing low thyroid levels is very easy compared to the complex adrenal testing required to show that a dog has adrenal disease. I started to wonder if hypothyroidism was just a symptom of a deeper hormonal imbalance in many of my patients. Because even after we got those thyroid levels balanced, the dogs still didn't appear to be vibrantly healthy or entirely well.

2006年までには、私が甲状腺機能不全症と診断した犬の数は今までにないほどの数になりました。副腎病を患わっているかどうか調べる複雑な副腎検査と比べ、甲状腺低下と診断することは簡単なことです。この甲状腺機能不全症は、私の患者にとってもっと重要なホルモン不均衡の一症状なのでは、と思い始めました。というのは甲状腺のレベルをバランスのいいものにしても、犬たちは元気なく完治したようには見えなかったのです。



I contacted Dr. Jack Oliver, who ran the University of Tennessee's adrenal lab, and posed my theory to him. I was stunned when he told me that indeed adrenal disease was occurring at epidemic proportions in dogs in the U.S. and was certainly tied to sex hormone imbalance. Now, whether veterinarians were testing and identifying the epidemic was a whole different story.



私はテネシー大学の副腎研修室の主任、ジャック・オリバー博士に連絡し、私の理論を差し出しました。博士にアメリカでは今、犬の副腎病がものすごくはやっていて、これは確実に性ホルモンの不均衡と関連があるねと言われた時には本当にびっくりしました。獣医師たちがこの流行病をテストし一体なんであるのか調べているかというと、これはまた全く別の話です。

In a Flash of Recognition, I Knew My Insistence on Desexing All My Patients at a Young Age Had Created Serious Health Problems for Many of Them
その瞬間、私は私が早期不妊手術を強要してきたことで、患者の多くに重大な健康問題を起こさせてしまったことに気づきました。

At this point, I became overwhelmed with guilt. For many years, I insisted my clients follow my advice to spay or neuter their pets at or before six months of age. It hit me like a lightning bolt that I was making this suggestion not based on what was physiologically best for my patients, but rather what I felt was morally best for their owners.

この時点で、罪の意識にすっかりさいなまれてしまいました。私は何年もの間、飼い主さんにはペットを生後6か月かもっと若い時期に不妊・去勢するよう主張していたのです。私の患者にとって何が生理学的に一番いいのかではなく、何が道徳的にペットの飼い主さんたちにとって一番いいと私が思っているかに基づいてそういった提案をしていたことに、雷にうたれたように気がついたのです。

As all of the patients that I desexed at a young age cycled through, many of them with irreversible metabolic diseases, I started apologizing to my clients. I apologized to my patients as well. Through my blanket recommendation that all pets be desexed because humans may be irresponsible with an intact animal, I had inadvertently made many of my patients very ill. As a doctor, this revelation was devastating.



若い時期に不妊・去勢した患者たちは逆行できない新陳代謝系病気にかかっていました。 私は患者の飼い主にわび始めました。患者(犬たち)にもわびました。不妊していない動物を飼うと無責任な人もでてくるかもしれないとから、ペットは全て不妊・去勢しなくてはいけないと強く勧め、結局、意図的ではないにしても、患者の多くを病気にしてしまいました。医者として、この発覚はさんざんなことでした。

I began changing my recommendations on spaying and neutering. I advised my clients to leave their pets intact. Now, you must realize my veterinary practice is filled with wildly committed owners. I am not dealing with uneducated, uncaring, or unreliable clients.

私は不妊・去勢についての勧めを変えはじめました。ペットには不妊手術をを施さないようアドバイスしました。私の患者の飼い主さんたちは非常に献身的なかたばかりです。教育のない、愛情のない、信頼できない飼い主はうちの病院にはきません。

Of course, there were and are exceptions to my advice against desexing. But in general, my recommendation as a holistic vet is to perform any surgery – including spaying and neutering – only when it's a medical necessity and not an elective procedure.

でも、もちろん、この不妊・去勢についてのアドバイスにも例外はありました。でも、概して、ホリスティックな獣医としての勧めとしては、手術は(不妊・去勢も含め)医学的に必要な時だけ行い、緊急でない選択的なものの場合はしません。

I recently adopted a stray Dachshund who is intact, and I plan to leave him intact. I am an intact female myself. I am proud to say that I have not experienced a single unplanned pregnancy in my personal life or in my career at my practice as a holistic vet catering to thousands of intact animals.

最近、未去勢のダックスを家に迎えました。そのまま未去勢にしておくつもりです。私も不妊していない女性です。私個人の人生でもあやまって妊娠したことはありませんし、何千頭もの未不妊の動物が相手のホリスティック獣医としてもまちがって妊娠させたこともありません。

If you are an irresponsible pet owner who allows your intact pet outside without a leash and direct supervision, this video is not for you. Please sterilize your pet before allowing him or her outside again, as you are contributing to the overpopulation problem. Please rethink how you care for your pet, or consider not having pets.

もし、あなたが、未不妊のペットをリードもつけず、注意も向けず外にだすような無責任な飼い主なら、このビデオはあなた向きではありません。

ペットの人口過剰問題に拍車をかけているようなものですので、ペットの不妊を済ませてから外にだすようにしてください。

My Views on Sterilization of Shelter Pets

シェルターの動物の不妊についての私の考え

The subject of spay/neuter is a huge one, and if I were to attempt to cover every aspect of it, this video would be three hours long. Suffice it to say that until we get our nation's shelter systems revamped, animals will continue to be spayed as juveniles. For now, that's that. We won't change anything with this video. Are we pushing for shelter vets to learn ovary-sparing techniques that allow for sterilization without sex hormone obliteration? Yes. But for now, that isn't happening.

不妊・去勢とはとても大きな問題で、そのすべての局面について話そうとするとこのビデオも3時間位の長さになってしまうでしょう。

我が国のシェルターシステムが改良されるまで、動物たちは若い時期に不妊・去勢されつづけるでしょうとだけ、今は言っておきましょう。

今はそんな状態なのです。このビデオで何を変えられるわけでもありません。シェルターの獣医師たちに性ホルモンをなくさないようにする卵巣を残す不妊テクニックを学ぶよう強要すべきでしょうか?確かに。でも、今しばらくはそういうことはおこりません。

I could have made a dozen different choices in my professional career that would have been satisfying, including being a shelter vet. If I were a shelter vet right now, I would be pushing for sterilization techniques that preserve normal endocrine function. I chose the path of a wellness veterinarian because that resonated the most with my personal goals in life. As I've explained, I've made many mistakes. I've apologized directly to the owners and the dogs that I desexed as puppies before I knew any better.

いろんな選択ができたかもしれません。たとえばシェルターの獣医になるとか。もし、私がシェルターの獣医だったら、正常な内分泌腺機能を保てるような不妊テクニックを推し進めるでしょう。でも私は健康獣医の道を選びました。

それが私の人生のゴールに最も共鳴したからです。ご説明しましたように、私はたくさん過ちを犯しました。よく知らないで、子犬の時期に不妊・去勢してしまった犬たちとその飼い主さんたちには直接謝罪しました。

I am as committed as ever to preventing and treating illness in individual family pets. I'm not, however, advocating the adoption of intact animals to people who may or may not be responsible pet owners. Shelter vets don't have the luxury of building relationships with their adoptive families, so all the animals in their care must be sterilized prior to adoption. I totally agree with this. I don't necessarily agree with the method of sterilization being used.

個々のファミリー・ペットの病気を防ぎ、病気を治療することには以前と変わらず同じ姿勢ですが、責任感のあるかどうかわからない人たちに未不妊の動物を里子にだすことを唱えたりはしません。

シェルターの獣医師はペットを迎え入れる家族と関係を築く余裕はありません。なので、シェルターにいる動物は全て新しいお家に行く前に不妊手術を受けなくてはなりません。私もこれには賛成です。ただその不妊手術の仕方には必ずとも賛成できませんが。

Why I Believe Sterilization, Not Desexing, Is the Better Option
どうして”Sterilization(断種)”の方が、”Desexing(不妊・去勢)”よりいいのか?
As a proactive veterinarian, I have dedicated my life to keeping animals well. I have learned and continue to learn the best ways to help pets stay healthy and the reasons disease occurs. I am also a holistically oriented vet, which means I view animals as a whole – not just a collection of body parts or symptoms.

率先した獣医として、私は動物を健康な状態に保つことに人生を捧げてきました。私は動物が健康でいられるようするには一番どうしたらいいのか、そしてどうして病気が起こるのかを学んできましたし、これからもずっと学んでいきます。私はホリスティック志向の獣医で、動物を一つの全体として見ます。体のいろんな部位の集まりとかいろんな症状とかとしてはみません。

I believe there is a purpose for each organ we are born with, and that organ systems are interdependent. I believe removing any organ – certainly including all the organs of reproduction – will have health consequences. It's inevitable. It's simply common sense.

私たちが生まれながらそなわっている臓器それぞれにその目的(役割)があり、そして臓器システムは互いに依存していると思っています。そのどの臓器を取ってもーーもちろん繁殖器官も含めーー健康にひびくでしょう。

避けられないことなのです。常識ですね。

There is a growing body of evidence suggesting that desexing dogs, especially at an early age, can create health and behavior problems. When I use the term "desexing," I'm referring to the traditional spay and neuter surgery where all the sex hormone-secreting tissues are removed. When I use the term "sterilization," I'm referring to animals that can no longer reproduce, but maintain their sex hormone-secreting tissues.

早期去勢が犬の健康問題、行動問題を引き起こしているという証拠がたくさん挙がっています。”Desexing”という言葉を使う時、性ホルモン分泌組織を全て除去する不妊・去勢法のことを言っているのです。

”Sterilization”という言葉を使う時には、繁殖はできなくなっても、性ホルモン分泌組織は持ち続けることができる不妊法です。

In my view, I would not be fulfilling my obligation as an animal healthcare professional if I chose to ignore the scientific evidence and not pass it on to Healthy Pets readers and the clients at my practice who entrust me with the well being of their animals.

私の考えでは、もし科学的証拠を無視してヘルシーペットの読者や私の動物病院にくる動物の飼い主さんたち(ペットの健康を私に託してくれます)にそれを伝えなかったら、動物の健康管理のプロとしての義務を果たさないことになると思うのです。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chibi1988

Author:Chibi1988
チビちゃんが生まれたのは1988年秋。正式に私の子になったのが1989年3月15日。いっしょに住めるようになったのが1990年2月。それから2003年8月9日までずっといっしょでした。今も心の中ではいっしょです。チビちゃんをお兄ちゃんと慕っていた猫のあ~ちゃん、2012年1月22日にお星さまになってしまいました。チビちゃんを知らない2009年5月生まれのクーちゃんも2015年4月26日に6年という短い一生を終えました。FIVでした。そして後を追うようにデリーちゃん(13歳)が6月30日にお星さまになってしまいました。ルンちゃん、一人になってしまっていたところ、ご縁があり2015年9月20日にコアラちゃん、11月7日にティガーちゃん、そして12月29日にマフィンちゃんを迎えいれることができました。(チビちゃんが亡くなって休止していたわんちゃんの里親さがしは2010年夏に再開しましたが、6頭目でつまづき、現在は休眠中です)4人+私で仲良く暮していたのですが、2017年4月24日、ルンちゃんが16歳でお星さまになってしまい、2015年生まれの若い3人(コアラちゃん、ティガーちゃん、マフィンちゃん)が残されました。みんなが健康で穏やかな毎日を過ごせるよう祈りながら、みんなの記録を残したいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR