不妊手術の真実 (続きです) Truth about Spaying/Neutering

きのうのDr Karen Beckerによるお話の続きです。

Health Issues Linked to Spaying and Neutering Dogs

不妊・去勢に関連する健康問題

Before I discuss some of the health issues now associated with desexing dogs, first let me point out that there are two medical conditions that actually can be totally eliminated by desexing: benign prostatic hypertrophy or BPH (enlarged prostate), and pyometra (a disease of the uterus). However, a wealth of information is mounting that preserving innate sex hormones, especially in the first years of life, may be beneficial to pets, whereas the risk of pyometra or BPH in an animal's first year of life is incredibly low.

不妊・去勢に関連すると考えられている問題のいくつかをお話しする前に、まず、不妊・去勢により完全に取り除くことができる医学上の状態を二つ、指摘させてください。

前立腺肥大症(BPH)と子宮蓄膿症です。しかし、動物が生後一年以内にBPHや子宮蓄膿証をおこす危険性が非常に低い一方で、性ホルモンをそのまま維持すること(特に生後一年間は)が動物にとって有益であるという
情報がたくさんあるのです。

Recent research has also discredited a couple of myths about the supposed benefits of early spays and neuters, including:

A study from the U.K. suggests there isn't much scientific evidence at all to support the idea that early spaying of female dogs decreases or eliminates future risk of mammary tumors or breast cancer. This has been a much promoted supposed benefit of early spays for decades. But as it turns out, it's based on theory rather than scientific evidence.
Similar to the situation with early spaying and mammary tumors, there's a common belief that neutering a male dog prevents prostate cancer. However, a small study conducted at Michigan State University's College of Veterinary Medicine suggests that neutering – no matter the age – has no effect on the development of prostate cancer.

最近の研究により、早期不妊・去勢の利点についての説が疑われるようになりました。

メス犬の早期不妊により乳腺腫瘍や乳がんの発生を減らしたり、なくしたりすことができるという考えを支える証拠がほとんどないというイギリスの研究です。
この考え方は何十年もの間非常に宣伝されてきた想定された利点だったのです。

メス犬の乳腺腫瘍を防ぐということと同じように、雄犬の去勢が前立腺の癌を防ぐという通説があります。
しかし、ミシガン州の獣医学校で行われた簡単な研究で、去勢はどの時期でおこなっても、前立腺の癌発生におよぼす影響は全くないということが示唆されています。

And now for some of the disorders and diseases linked to spaying/neutering:

さて、それでは、不妊・去勢に関連する健康障害や病気のいくつかについてお話します。

Shortened lifespan. A study conducted and published in 2009 by the Gerald P. Murphy Cancer Foundation established a link between the age at which female Rottweilers are spayed and how long they live. Researchers compared long-lived Rotties that lived for 13 years or more with those who lived a normal lifespan of about 9 years. They discovered that while females live longer than males, removing the ovaries of female Rottweilers before five years of age evened the score. Females who kept their ovaries until at least 6 years of age were four times more likely to reach an exceptional age compared to Rotties who were spayed at a younger age.


短くなる寿命。2009年にジェラルド・P・マーフィー癌財団が行い発表された研究によると、メスのロットワイラーの不妊時期と寿命には関連性があるといいます。寿命が長くて13歳かそれ以上生きた犬と普通の寿命(ロットワイラーの場合には9年位)だった犬とが比較されました。メス犬が雄犬より長寿なのに、メス犬の子宮を5歳になる前に除去すると、メス・雄の差はなくなりました。すくなくとも生後6年間は子宮をそのままにしていた犬は早期不妊を受けた犬の4倍も長寿になる率が高かったのです。

I spayed my rescued Rottie, Isabelle, when I adopted her at seven years of age. She lived to be 17, and she was still unbelievably vibrant at 17. She slipped on the floor in a freak accident and became paralyzed, which ultimately led to her euthanasia. But she was the oldest and healthiest Rottweiler I have ever met.

私は7歳のロットワイラーのイザベルの里親になりましたが、彼女を家に迎え入れた時、不妊手術をしました。イザベルは17歳まで生きましたが、17歳でも信じられないほど活気がありました。

不慮の事故(床ですべった)で体が麻痺してしまい、結局安楽死せざるをえませんでした。イザベルは私が今までに会った中でも一番年とった、健康なロットワイラーとなりました。

With Isabelle, I provided literally no medical care because she didn't need it. Her body naturally thrived throughout her life. I fed her a balanced raw diet. I checked her bloodwork every six months, which was perfect until the day she died. Isabelle was a great example of a thriving pet that lived above the level of disease. I believe her sex hormones greatly contributed to her longevity and her abundantly healthy life.

イザべラには文字通り医療は全く必要ありませんでした。彼女は一生元気で過ごしました。バランスのとれた生食をあげ、半年ごとに血液検査をし、亡くなる日まで完璧な健康状態でした。イザべラは病気にかからないような元気いっぱいなペットの良い例となりました。私は彼女の性ホルモンが長寿と健康な一生に多大に貢献したのだと信じています。


Atypical Cushing's disease. It's my professional opinion that early spaying and neutering plays a role in the development of atypical Cushing's disease as well. Typical Cushing's means the middle layer of the adrenal gland is over-secreting cortisol. Atypical Cushing's involves the outer and innermost layers of the adrenal glands and occurs when other types of hormones are over-produced, usually estrogen and progesterone.

非定型クッシング病。 私は獣医としての意見ですが、早期不妊・去勢が非定形クッシング病発生にも関係していると考えています。定型クッシング病では副腎の真ん中層でコルチゾールが過剰分泌されます。非定型クッシング病では、副腎の外側と一番中側層が関係し、他のタイプのホルモンーー普通はエストロゲンとかプロゲステロンなどーーが過剰生産される時、おこります。

When a dog is spayed or neutered before puberty, the endocrine, glandular and hormonal systems have not yet fully developed. A complete removal of the gonads, resulting in stopping production of all the body's sex hormones (which is what happens during castration or the traditional spay), can force the adrenal glands to produce sex hormones because they're the only remaining tissue in the body that can secrete them.

思春期前に不妊・去勢される犬には内分泌腺や腺・ホルモン システムが十分できていません。生殖腺を全て除去すると、体の性ホルモン全ての製造が止まり(去勢や通常の不妊手術によりおこることですが)体に残っている組織で性ホルモンを分泌できる唯一の組織である副腎に無理に性ホルモンを生産させることになります。

Over time, the adrenal glands become taxed from doing their own work plus the work of the missing gonads. It's very difficult for these tiny little glands to keep up with the body's demand for sex hormones. This is the condition of atypical Cushing's. Hormone disruption is a central feature in Cushing's disease. Any substance or procedure that affects the body's hormonal balance should be absolutely evaluated as a potential root cause.

そのうち、副腎はもともとの自分の仕事と取り除かれた生殖腺がしていた仕事と両方をうけおうことになります。この小さな副腎が体が必要とする性ホルモン量を作り出し続けることはとてもむずかしいことなのです。これが非定型クッシング病となります。この病気ではホルモンの混乱状態が主だった特徴となります。体のホルモン・バランスに影響を与える物質、あるいは手順がこの病気の原因となりうると評価すべきです。

Cardiac tumors. A Veterinary Medical Database search of the years 1982 to 1985 revealed that in dogs with tumors of the heart, the relative risk for spayed females was over four times that of intact females. For the most common type of cardiac tumor, hemangiosarcoma, spayed females had a greater than five times risk vs. their intact counterparts. Neutered males had a slightly higher risk than intact males as well.

心臓癌。1982年から1985年の獣医学データベースを調べると、心臓癌をわずらった犬では、不妊手術してあるメス犬のほうがしていないメス犬の4倍以上も多かったのです。最も一般的な心臓癌である血管肉腫では、不妊手術してあるメス犬のほうが、していないメス犬の5倍以上もこの病気にかかる率が高かったのです。雄犬の場合も、去勢済みの犬の方が、未去勢の犬よりこの病気の危険性が高くなりました。

Bone cancer. In another Rottweiler study published 10 years ago for both males and females spayed or neutered before one year of age, there was a one in four lifetime risk of developing bone cancer. Desexed Rotties were significantly more likely to acquire the disease than intact dogs. In another study using the Veterinary Medical Database for 1980 to 1984, the risk of bone cancer in large-breed, purebred dogs increased two-fold for those dogs that were also desexed.

骨肉腫。10年前に発表された研究では、一歳になる前に不妊・去勢されたロットワイラーが対象となりましたが、4匹に1匹の割合で骨肉腫をひきおこす危険性がでました。不妊・去勢されたロットワイラーの方が未不妊のロットワイラーよりずっとこの病気にかかりやすかったのです。1980年から1984年の獣医学データベースを使ったもう一つの研究では、大型の純血腫犬では不妊・去勢されている犬の方が倍位この病気にかかる率が高くなりました。

Abnormal bone growth and development. Studies done in the 1990s concluded dogs spayed or neutered under one year of age grew significantly taller than non-sterilized dogs or those dogs spayed or neutered after puberty. The earlier the spay or neuter procedure, the taller the dog. Research published in 2000 may explain why: it appears that the removal of estrogen-producing organs in immature dogs – both females and males – can cause growth plates to remain open. These animals continue to grow and wind up with abnormal growth patterns and bone structure. This results in irregular body proportions, possible cartilage issues, and joint conformation issues.

異常な骨の成長。1990年代に行われた研究によると、一歳になる前に不妊・去勢された犬の方が、未不妊あるいは思春期のあとに不妊・去勢された犬よりずっと背が高くなっていたということです。不妊時期が早ければ早いほど、背が高くなったそうです。2000年に発表された研究でその理由がわかります。メスでもオスでも、成熟していない犬からエストロゲンを作り出す器官を取り除くと、成長プレートが開いたままになってしまうのです。それで、どんどん成長して異常な成長パターンと骨の構造ができてしまいます。その結果、不規則な等身、軟骨問題、関節の立体構造問題がおこります。


Higher rate of CCL ruptures. A study conducted at Texas Tech University Health Sciences Center on cranial cruciate ligament injuries concluded that spayed and neutered dogs had a significantly higher incidence of rupture than their intact counterparts. While large-breed dogs had more CCL injuries, sterilized or desexed dogs of all breeds and sizes had an increased rupture rate.


テキサス・テック大学健康学センターで行われた頭蓋十字靭帯損傷に関する研究では、不妊・去勢された犬のほうが、未不妊の犬よりかなりこの損傷をうける率が多かったそうです。大型犬のほうにこの損傷がおこりやすいのですが、どの犬種、サイズの犬でも、不妊・去勢済みの犬のほうが損傷率が高かったのです。

Hip dysplasia. In a retrospective cohort study conducted at Cornell University's College of Veterinary Medicine, results showed that both male and female dogs sterilized at an early age were more prone to hip dysplasia.

股関節異形成。コーネル大学の獣医学校で行われたレトロスペクティブコホート研究によると、オスでもメスでも早期不妊手術をうけた犬のほうがより股関節異形成をおこす率が高いという結果でした。

Breed-specific effects of spay/neuter. A recent study conducted at the University of California Davis involving several hundred Golden Retrievers revealed that for the incidence of hip dysplasia, CCL tears, lymphosarcoma, hemangiosarcoma, and mast cell tumors, the rates were significantly higher in both males and females that were neutered or spayed compared with intact dogs.


犬種別の影響。カリフォルニア・デイビス大学で行われた数百頭のゴールデン・リトリーバー対象の最近の研究によると、オスでもメスでも、股関節異形成、頭蓋十字靭帯損傷、リンパ肉腫、血管肉腫、肥満細胞腫をおこす割合は不妊・去勢してある犬のほうが、未不妊の犬よりずっと大きかったのです。

Other health concerns. Early spaying or neutering is commonly associated with urinary incontinence in female dogs and has been linked to increased incidence of urethral sphincter incontinence in males.

Spayed or neutered Golden Retrievers are much more likely to develop hypothyroidism.

A cohort study of shelter dogs conducted by the College of Veterinary Medicine at Texas A&M University concluded that infectious diseases were more common in dogs that were spayed and neutered at under 24 weeks of age.

The AKC's Canine Health Foundation issued a report pointing to higher incidence of adverse reactions to vaccines in spayed and neutered dogs as well.

Among the reports and studies pointing to health concerns associated with early spaying and neutering, we also find mention of increased incidence of behavior problems, including noise phobias, fear behavior, aggression, and undesirable sexual behaviors.

その他の健康問題。早期不妊・去勢ではメス犬の場合尿失禁と関係があると考えられ、オス犬の場合は尿道括約筋失禁と関係があると考えられています。

不妊・去勢ずみのゴールデン・リトリーバーは甲状腺機能低下症をおこしやすい。

テキサスA&M大学獣医学校で行われたシェルターの犬対象のコホート研究によると、生後24週になる前に不妊・去勢された犬のほうが伝染病にかかりかすかったという結果ができました。

AKCケイナイン・ヘルス財団は不妊・去勢された犬ではワクチンに対する副作用がより多いというレポートを発表しました。

早期不妊・去勢によると考えられる健康問題をとりあげたレポートや研究では、ノイズ恐怖症、恐怖からの行動、攻撃性、望ましくない性的行動などの行動問題が増えていると書かれています。



(つづきます)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chibi1988

Author:Chibi1988
チビちゃんが生まれたのは1988年秋。正式に私の子になったのが1989年3月15日。いっしょに住めるようになったのが1990年2月。それから2003年8月9日までずっといっしょでした。今も心の中ではいっしょです。チビちゃんをお兄ちゃんと慕っていた猫のあ~ちゃん、2012年1月22日にお星さまになってしまいました。チビちゃんを知らない2009年5月生まれのクーちゃんも2015年4月26日に6年という短い一生を終えました。FIVでした。そして後を追うようにデリーちゃん(13歳)が6月30日にお星さまになってしまいました。ルンちゃん、一人なってしまい静まりかえっていた家ですが、ご縁があり9月20日にコアラちゃん、11月7日にティガーちゃん、そして12月29日にマフィンちゃんを迎えいれることができました。(チビちゃんが亡くなって休止していたわんちゃんの里親さがしは2010年夏に再開しましたが、6頭目でつまづき、現在は休眠中です)ルンちゃん、コアラちゃん、ティガーちゃん、マフィンちゃんの毎日を記録に残したいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR