不妊手術の真実 (きのうの続きでこれで最後です)

カレン・ベッカー獣医師の”不妊手術の真実”の続きです。
これで最後です。


Options to Traditional Spaying and Neutering
Veterinarians in the U.S. and Canada are trained only to spay and neuter, which is unfortunate since there are less invasive alternatives, such as tubal ligation, hysterectomy, and vasectomy. These techniques are quick and easy and certainly effective. In fact, commonly, once the technique is mastered, they're faster, less risky and potentially less costly than a full spay or neuter.

But unfortunately, nobody knows how to do them in this country. The reason they're hard to come by is because U.S. veterinary schools simply don't teach these alternative procedures. They've never had a reason to. And until pet owners start demanding sterilization options beyond spaying and neutering, the status quo will remain.

従来の不妊・去勢に替わる別の方法



アメリカとカナダの獣医師は普通の不妊・去勢法しか教わっていません。これは残念なことです。より侵襲的な方法があるのですから。卵管結紮とか、子宮摘出術とか、精管切除です。

こういったテクニックは早く済み、簡単で、確かに効果的なものなのです。実際、いったんこのテクニックをマスターすると、手術は普通の不妊・去勢より安全で費用もかからないかもしれません。

でも、残念なことに、この国(アメリカ)ではできる人がいないのです。というのはアメリカの獣医学校ではこういった方法を教えないからです。

従来の方法を変える理由もなかったのですから。ペットの飼い主が従来の不妊・去勢ではなく、こういった別の方法を要求しなければ、現状は変わらないでしょう。

As author Ted Kerasote and I have discussed on numerous occasions, in many European countries, there are intact free-roaming dogs running about under voice control of their owners. When female dogs go into heat, owners simply manage the situation by removing them from group social events until their heat cycle is complete. They're kept at home, sequestered away from males. They're walked on a leash.

Ted tells the story of a British veterinarian he interviewed who said most of the requests he gets to neuter dogs come from U.S. and Canadian citizens who are living in London. Rather than immediately complying with the request, the veterinarian talks with the pet owner about the actual necessity to desex the dog. For example, if the dog is always on a leash and always under the owner's control, then how exactly would the dog become pregnant (or mate with a female) if it's constantly with the owner and never off leash? The veterinarian says that he rarely has a British pet owner request a spay or neuter procedure.

私は作家のテッド・ケラソテ氏といろんな機会に話すのですが、ヨーロッパの多くの国では未不妊の犬が飼い主のボイス・コントロールのもと自由に走り回っています。メス犬が発情期を迎えると、飼い主はただ発情期が終わるまで、犬を社交イベントには出さないようにするだけのことです。オスとは隔離して、お家の中ですごさせ、外にはださないのです。散歩の時はリードをつけて歩きます。

テッドさんからきいたことですが、イギリスの獣医師に去勢手術をお願いしに来るのはほとんどがロンドンに住むアメリカ人かカナダ人だそうです。すぐにそのリクエストに応えないで、獣医は飼い主さんと実際に犬が去勢する必要があるのか話します。例えば、犬がいつもリードをつけてお散歩し、飼い主がいつも管理していれば、犬が妊娠したり、妊娠させたりすることはありえないではないですか。獣医によると、イギリス人の飼い主で不妊・去勢をお願いしにくる人はめったにいないそうです。



Most Americans can't even comprehend that it's possible to keep intact pet dogs and not have millions of litters of unwanted puppies. That's because we've been conditioned to believe that a responsible pet owner means spaying and neutering your dog. I was taught to believe the same thing -- that keeping an intact pet was considered irresponsible even if the owner is meticulously careful about not allowing the pet to breed.

Of course, our dependence on spaying and neutering as the only form of birth control is the result of generations of irresponsible pet owners and millions of unwanted dogs and cats that are killed annually in our animal shelters.

ほとんどのアメリカ人は飼い犬に不妊手術を施さなくても、何百万頭もの望まれない子犬が産まれる状況になるわけでもないということが理解できません。というのは、責任ある飼い主とは自分の犬を不妊・去勢するものだと頭から考えさせられてきているからです。私も同じように考えさせられてきました。たとえ飼い主が細心の注意を払って飼い犬が繁殖しないようにしたとしても、ペットを未不妊の状態にしておくことは無責任なことだと思わせられていました。

It is a vicious cycle, and it's a very frustrating cycle to witness. Irresponsible people need to have sterilized pets. No one's going to argue that point. Unfortunately, spaying and neutering responsible people's pets doesn't make irresponsible people any more responsible. They remain the root cause of the overpopulation crisis in this country.

My problem with the spaying and neutering issue is it's the only current solution to the overpopulation problem. We're not just halting the animal's ability to reproduce, we are also removing incredibly valuable sex hormone-secreting tissues like the ovaries and the testes. These organs serve a purpose.

We're slowly waking up to the fact that in our rush to spay or neuter every possible animal we can get our hands on – the younger, the better – we are creating health problems, sometimes life-threatening health problems, that are non-existent or significantly less prevalent in intact pets.

これは悪循環なことで、非常にイライラすることです。無責任な人たちは不妊済のペットを飼うべきです。この点は誰もが同意します。残念なことに、責任感のある飼い主のペットを不妊・去勢しても、それにより無責任な人たちをより責任感のある人たちに変えるわけではありません。こういう無責任な人たちはこの国のペットの人口過剰問題の原因となったままなのです。

不妊・去勢問題について困ったことには、それが人口過剰問題を解決する唯一の策だからです。動物たちの繁殖力を止めているだけでなく、卵巣や睾丸のようにとても重要な性ホルモン分泌組織を取り除いているのです。これらの器官には目的(体に必要な機能)があるのです。

できるだけたくさん(そしてより若い時期に)動物の不妊を済ませようとするがあまり、未不妊の動物ではおこらない、あるいはより少なくしかおこらない健康問題(時には命にもかかわる)を私たちがおこしているという事実にようやく目覚めてきたのです。


Responsible Ownership of an Intact Female Dog

未不妊のメス犬を責任をもって飼うこと

First of all, you should know that not everyone is cut out to be the owner of an intact male or female dog. Part of the popularity of full spays and neuters vs. other means of sterilization is that it's just plain convenient for pet owners. Not only do spays and neuters render the animal unable to reproduce, but they also remove all of the messiness of female heat cycles and most of the pet's key mating behaviors for both sexes.

Female dogs don't have monthly periods like humans do. They have one, or usually two heats a year. You can typically tell a female heat cycle is on its way when your intact female's vulva begins to enlarge. Just like humans there's bleeding involved, but unlike human females who are not fertile during menstruation, dogs are just the opposite. Female dogs can get pregnant only during heats for about three to four days as unfertilized eggs ripen in their bodies.

まず、誰もが未不妊の犬飼育に向いている訳ではないということを知っておくべきです。他のやり方での不妊ではなく、従来の不妊・去勢が人気ある理由の一つとして、飼い主にとって都合がいいからということがあります。不妊・去勢によって動物が繁殖できなくなるというだけでなく、メスの発情期の汚れもなくなり、オスもメスも交配期の主だった行動のほとんどもなくなるのですから。

メス犬は人間のような毎月の整理はありません。年に1回か2回だけ発情します。メス犬の外陰部が大きくなるともうすぐ発情するんだなとわかります。人間のように出血を伴いますが、人間と違って(人間は生理中は受精できません)犬はちょうど逆なのです。メス犬では発情中、体内で未受精卵が熟す3-4日の間に妊娠することができます。



Some dogs will signal during this time by flagging, which means lifting the tail base up and to the side. Some females will stand and can be mounted at any time during their heat cycle, including before and after they're pregnant or fertile. Others show no behavior signs whatsoever. Owners of intact female dogs must be certain of the signs of heat in their pets, so that they can separate them from male dogs during this important time.

Never underestimate the determination of an intact male dog that wants to mate with a female dog in heat. I'm telling you, if you have a female dog, male dogs will come visit her from across a tri-state area because she's putting out some very attractive pheromones.

この間、しっぽの根本を持ち上げ、横にする仕草をする犬もいれば、立っていていつでもマウントできる状態にする犬(妊娠する前でもあとでも)もいれば、全くそのそぶりを見せない犬もいます。未不妊のメス犬の飼い主はこの重要な時にオス犬と離せるよう、発情のサインをしっかり見極めなくてはいけません。

発情期のメスとつがいたがっている未去勢のオスをあなどってはいけません。メス犬は非常に魅力的なフェロモンをだすので、遠くからもオス犬がやってくるでしょう。



With proper training, reinforcement, and constant supervision, however, male dogs can learn to be in the presence of a female while supervised, even when she's in heat, without mating. Some people with both an intact male and female don't want to put the effort into managing male dogs around cycling females and simply ship them off to a friend or relative's house until the heat cycle is over.

If you have a female dog in heat, you should never leave her outside alone even for a second. It doesn't matter if you have a fenced-in yard. If there's an unsupervised male around, there's absolutely a risk of impregnation through the fence (or over the fence, or under the fence).

しかし、適切なトレーニングと強化法と常時監督することで、オス犬も発情中のメス犬と同席できるようになります。未不妊のオス、メス両方飼っている人は、そういった努力はしたくないと、発情が終わるまで友達のところとか親戚のところに雄犬を預ける人もいます。

メス犬の発情期には1秒たりとも外にだしたままにしてはいけません。フェンスで囲った中庭だとしてもです。オス犬が一人でやってきていれば、フェンス越しでも妊娠させれるからです。



The heat cycle of a female dog lasts about three weeks, but the menstrual bleeding can be unpredictable during that time. It's neither consistently heavy nor is it every day, all day. Many owners of intact female dogs invest in special diapers or panties that can hold a sanitary napkin to contain the discharge.

At my house we just get a baby gate, and we gate our special lady of the month in the kitchen area. We put a dog bed in there, and then we just mop a couple of times a day. Typically, female dogs are incredibly good at keeping themselves very clean. Most of the time, there's very little mess.

発情期は約3週間続きますが、その間、いつ整理の出血があるかは予想できません。常に出血がひどいわけでも、毎日というわけでも、一日中というわけでもありません。未不妊の飼い主の多くは生理用ナプキンをあてられるよう特別なおしめかパンティーを用意します。

うちでは、ベビー・ゲートを使い、発情したメス犬をお台所に隔離します。そこにドッグ・ベッドを置き、日に2回ぐらいモップできれいにします。一般的にメス犬は自分の体をきれいに保つことが上手です。だいたい、汚れたりしません。



Responsible Ownership of an Intact Male Dog
未去勢のオス犬を責任をもって飼うこと

Intact males should receive positive reinforcement behavior training to stop urine marking in the house as well as any humping behavior that may occur.

The intact, male, adult Dachsie we just rescued – his name is Lenny – became Lenny Loincloth after a few days in our house for obvious reasons. He acquired his last name because he marked absolutely every corner of every piece of furniture we own. To reduce this totally undesirable behavior and reinforce healthy housebreaking, we put a belly band on him. We call it his loincloth. It's a little diaper that holds his penis to his abdomen. Dogs innately do not want to urinate on themselves; they want to pee and mark on objects. By belly banding him, we reinforce good behavior like going potty outside and not marking in the house. I'm proud to say that in one month's time, we've really helped him kick his marking habit for the most part.

未去勢の犬にはうちの中でマーキングしないよう、また、性交のような仕草をしないよう、前向きな強化訓練をするべきです。

未去勢のオスのダックスを保護したのですが、うちにきて2-3日で名前がレニーからレニー・ロインクロス(ふんどしちゃん)に変わりました。おわかりでしょうが、この名前はこの子がうちの家具の角かどでマーキングしたからです。この非常に望ましくない行動を減らし、ちゃんとしたトイレ習慣をつけるため、レニーにベリーバンドをつけました。レニーのふんどしと呼んでいます。ちいさなおしめで、レニーのペニスを腹部につける状態にします。犬は本質的に自分の体にオシッコをかけたくはありません。物にオシッコをかえてマーキングしたいのです。ベリーバンドをつけることで、彼にトイレは外に行ってして、家の中ではマーキングしないというよい行動を強化するのです。嬉しいことに、1カ月でだいたいマーキングしなくなりました。



Constant positive reinforcement was really necessary with Lenny, as it is with all dogs. We also discovered the first day Lenny was in our house that he liked to hump everything in sight. He preferred humping pillows and dog beds. We simply picked those pillows and dog beds up. We didn't give him access to objects that tempted his undesirable behavior. He hasn't humped anything in three weeks. So there are ways to positively reinforce good behavior and extinguish negative intact male dog behaviors if you put in the effort.

Your unneutered male should never be off-leash unless you are absolutely sure you won't run into an intact female dog or he's under constant voice control around all dogs. You also need to be in control of your dog while he's leashed. If your intact male or female dog is able to jerk away from you when he or she gets excited, then your dog is not under your control despite the leash.

どんな犬にでもそうですが、レニーには常に前向きに強化訓練することが必要でした。レニーが来た最初の日、見えるものにはなんでも背中をまるくして性交しているような恰好をするのに気がつきました。枕や犬用ベッドにです。それで、枕と犬用ベッドはとりあげ、彼の望ましくない行動をさそいだすような物のそばには行けないようにしました。この3週間、その望ましくない動作はしていません。つまり、努力すれば、良い行為を前向きに強化し、否定的な行動をけしさる方法があるということです。

未不妊の犬にでくわす可能性が全くないか、どの犬のそばでもボイス・コントロールで常にコントロールできるというのでなければ、決して未去勢の犬をリードをつけないでお散歩させてはいけません。リードをつけている間も飼い主がコントロール権をもっていなくてはいけません。



I recommend positive reinforcement behavior training for all dogs, especially intact dogs. And it's an absolute necessity for powerfully built, intact male dogs. Remaining in obedience class for a dog's first 16 months of life is an excellent foundation for good manners for the rest of his life.

If your dog becomes assertive, desexing (a full neuter) can be an important part of managing long-term behavior issues. Again, in this instance, if you have an aggressive dog, we must evaluate the risks vs. benefits. The health benefits of leaving a temperamental dog intact do not outweigh the greater risk of this aggressive animal being re-homed, dumped, or abused – or hurting another animal or human. With behavior issues, spaying or neutering can be a logical choice. It's better to have endocrine disease but be in a loving home, than be disease-free but dumped at a kill shelter for a behavior problem.

全ての犬にこの前向き強化行動トレーニングを勧めますが、特に未不妊の犬に勧めます。がっしりした未去勢犬には絶対必要なことです。生後16か月間、服従を学ぶクラスに参加すると、残りの犬生中、良いマナーを身に着けた犬となれるすばらしい基礎を得ることになります。

もし飼い犬が自己主張するようになったら、不妊手術は長期にわたる動作問題の重要な一環となりえます。この場合、もし犬が攻撃的な犬の場合、危険性と有益性を評価しなくてはなりません。気まぐれな犬を去勢しないでおいて健康な状態にしておくか、この攻撃的な犬を里子にだして、その結果捨てられたり、虐待されたり、あるいは他の動物や人間を傷つけたりする危険性をだすか、と考えると前者が後者を上回ることはありません。動作問題に関しては不妊・去勢が筋の通った選択といえましょう。健康だけれど行動問題をかかえていてキル・シェルターに捨てられるより、内分泌の病気をかかえているけれど、愛情あるお家で生活している方がましでしょう。

Keep in mind that out in the world, at least in North America, you and your intact dog will not have a whole lot of company in this day and age. You won't be able to take your dog everywhere a spayed or neutered dog is allowed to go. If your dog is a male, prepare to deal with plenty of prying questions and even anger from people who will pre-judge you as totally irresponsible.

When Lenny sees people, he flops on his back and says, "Hello, hello, hello!" Everyone's comment is, "What are those?" And then "When are those coming off," pointing to his testicles.



ところで、今の時代、一般に、得に北アメリカでは、不妊手術していない犬は少数派だということを気に留めていてください。不妊・去勢してある犬が行ける所全てに未不妊の犬が行けるわけではないのです。もしあなたの飼い犬がオスだったら、あなたを非常に無責任な飼い主と頭から決めつける人たちから、いろいろさぐるような質問をされたり、なかには怒りだす人もいるでしょう。

うちのレニーが人に会うと、ひっくりかえって、”ハロー、ハロー、ハロー”とご挨拶します。そうすると、誰もが、”なに、それ?” ”いつ、とるの?”とレニーの睾丸を指さして言うのです。

What About My Cat?
それでは、猫はどうなの?

Luckily, thus far, research has shown that our feline companions don't have the same negative long-term physiologic consequences associated with desexing that plague our canine population. We may identify potential links in the future, but thus far, it appears our canine companions are more negatively affected by spaying or neutering.

I made this video so you could understand why I no longer take a cookie-cutter approach to desexing all juvenile pets. The decision to sterilize, spay, or neuter your pet, at what age, and with what technique is a very personal decision that is based on your dog's breed, temperament, personality, and your commitment to training, lifestyle management, and responsible pet ownership.



幸運なことに、猫に関しては、今の所、犬の不妊・去勢の場合に関連するような長期にわたる生理学的結果を示すような研究結果はでていません。

将来なにか関連がでてくるかもしれませんが、今のところ、犬の方が不妊・去勢により、より影響を受けているようです。

私は、どうしてもう若い年齢のペットの不妊について月並みなアプローチをしなくなったか、わかっていただけるよう、このビデオを作りました。

自分のペットを不妊・去勢するかどうか、どの年齢で、どのテクニックでという事は、ペットの種類、気質、個性、トレーニングを受けさせるというあなたの断固とした決意、 ライフスタイルの管理、そして責任ある飼育に基づいてするとても個人的な決意なのです。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chibi1988

Author:Chibi1988
チビちゃんが生まれたのは1988年秋。正式に私の子になったのが1989年3月15日。いっしょに住めるようになったのが1990年2月。それから2003年8月9日までずっといっしょでした。今も心の中ではいっしょです。チビちゃんをお兄ちゃんと慕っていた猫のあ~ちゃん、2012年1月22日にお星さまになってしまいました。チビちゃんを知らない2009年5月生まれのクーちゃんも2015年4月26日に6年という短い一生を終えました。FIVでした。そして後を追うようにデリーちゃん(13歳)が6月30日にお星さまになってしまいました。ルンちゃん、一人なってしまい静まりかえっていた家ですが、ご縁があり9月20日にコアラちゃん、11月7日にティガーちゃん、そして12月29日にマフィンちゃんを迎えいれることができました。(チビちゃんが亡くなって休止していたわんちゃんの里親さがしは2010年夏に再開しましたが、6頭目でつまづき、現在は休眠中です)ルンちゃん、コアラちゃん、ティガーちゃん、マフィンちゃんの毎日を記録に残したいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR