Outdated Vet Vaccination Advice 古いワクチン・アドバイス

”The Outdated Vet Vaccination Advice That Can Harm Your Pet”
あなたのペットに害を与えうるワクチンについての古いアドバイス

By Dr. Becker

カレン・ベッカー獣医師

2013年7月3日著

July 3, 2013

http://healthypets.mercola.com/sites/healthypets/archive/
2013/07/03/new-pet-vaccination-protocol.aspx



Two years ago, the American Animal Hospital Association (AAHA) canine vaccination task force updated their vaccination guidelines. The task force changed the previous annual protocol for core vaccines to an every 3-year protocol, with the exception of 1-year rabies shots. (In many states you can choose either a 1-year or 3-year rabies vaccine for your pet. If you choose a 1-year shot, or if your state doesn't offer a 3-year vaccine, the annual protocol is required by law.)

2年前(2013年の2年前なので2011年のこと)AAHA (アメリカ動物病院連合)の犬用ワクチンのタスク・フォース(検討委員会)はそのガイドラインを更新しました。タスク・フォースでは主要ワクチンの実施要領をそれまでの年に1回から3年に1回に変更したのです。狂犬病のワクチンだけは年に1回のままです。(狂犬病のワクチンに関しては多くの州で年に一回か3年に1回か飼い主がどちらかを選べます。1年に1回の方をご自分で選ぶか、自分の州で3年に1回のワクチンがなければ、法律で決められている年に1回となります。)

The task force also acknowledged in the updated guidelines that for non-rabies core vaccines, immunity lasts at least 5 years for distemper and parvovirus, and at least 7 years for adenovirus. This means that even the updated 3-year protocol is overkill.

また、タスク・フォースでは、狂犬病以外の主要ワクチンに関して、効力がジステンパーとパルボウィルスに関しては少なくとも5年、アデノウィルスに関しては少なくとも7年であることを承認しました。つまり、今回更新された3年に1回という実施要領もやりすぎということになります。
Veterinarians who are vaccine minimalists, and certainly I am one of them, viewed this protocol change as a small step in the right direction. We feel re-vaccinating pets against diseases they are already immune to poses significant and unnecessary health risks.

ワクチンは最低限少なく打ちたいという考えの獣医師は(私もその一人ですが)この実施要領の改訂を正しい方向への小さい一歩ととらえました。すでに免疫がある病気に対し、再びワクチンを打つということは、重大で不必要な健康上のリスクをともなうと考えているからです。


Why Are 60 Percent of Vets Still Doing Annual Re-Vaccinations?
それでは、どうして獣医の60%が今でも年1回のワクチン接種を続けているのでしょう?

Sadly, despite the new guidelines that are now two years old, members of the traditional veterinary community have been slow to adopt the new recommended protocol. According to Mark Kimsey, a DVM who works for Boehringer Ingelheim Vetmedica Inc., a veterinary pharmaceutical company, "Basically, what we're seeing is there's a gradual trend toward three-year protocols."

Dr. Richard Ford, a DVM who is on both the AAHA canine vaccination task force and the American Association of Feline Practitioners (AAFP) feline vaccination advisory panel, agrees with Kimsey. "It's a slow change," says Ford. "Most practices still recommend annual vaccinations. All the vet schools are teaching triennial vaccinations."

悲しいことに、新しいガイドラインがでて2年も経つというのに、従来の考え方の獣医師コミュニティーではこの新しい実施要領を採用するのが遅いのです。動物用医薬品会社のBoehringer Ingelheim Vetmedica Inc. に勤めるマーク・キムゼイ獣医学士によると、”基本的には3年に1回の実施要領に徐々に向かっている”ということです。

アメリカ動物病院連合の犬用ワクチン・タスク・フォースのメンバーでもあり、アメリカネコ専門病院連合(AAFP)のネコ用ワクチン諮問機関のメンバーでもあるリチャード・フォード獣医学士もキムゼイ獣医学士と同じ意見です。”ゆっくりとした変化なのです。ほとんどの動物病院では、未だに1年毎のワクチン接種を勧めています。

でも、獣医学校では全て3年毎のワクチン接種を教えています”とフォード氏はおっしゃります。


Ford believes, based on feedback from vaccine manufacturer sales reps, that 60 percent of veterinary practices are still re-vaccinating on an annual rather than every 3-year basis. "Some acknowledged the reality and changed their protocols, while others, fearing loss of a major source of revenue, argued against anything other than the time-honored paradigm: annual boosters," said Ford.

It appears there's no shortage of vets out there willing to openly admit they don't want to lose the income from unnecessary vaccinations and new, safer protocols be damned. Hopefully you're not taking your own pet to a veterinarian with a similarly misguided, dangerous practice philosophy.

フォード氏によると、ワクチン製造会社の営業担当者からのフィードバックによると、動物病院の60%が未だに3年毎ではなく1年毎のワクチン接種をしているということです。”現実を受け止めて実施要領を変えたところもありましたし、主だった収入源がなくなることを恐れ、年に1回という古来の範例以外のものならなんでも反論するというところもありました”ということです。

不必要なワクチンによる収入を失いたくないと公然と認め、新しいより安全な実施要領をけなす獣医はいっぱいいるようです。同じように見当違いで危険な方針をとる獣医のところにあなたのペットを連れて行かないといいのですが。

Unwilling to Change? Addicted to Easy Money? Or a Bit of Both?
変えたくない? あぶく銭にはまってる? それともその両方?

According to Veterinary Practice News, Dr. Gary D. Norsworthy, owner of Alamo Feline Health Center in San Antonio and a practicing vet for 40 years, is among the 60 percent who aren't budging from an annual vaccination schedule for their patients.

His rationale is that he has a number of clients who will only bring their cats in for wellness exams if they believe vaccines are needed. Norsworthy says he's determined not to lose the opportunity to do annual checkups on cats in his practice. So he uses only the 1-year rabies vaccine, and tells his clients he must see their cats yearly.

Norsworthy believes "Internet chatter" scares cat owners into believing vaccines are dangerous. He notes that his practice vaccinated 25 percent fewer cats in 2012 compared to 2007. He says he sees only one case of feline vaccine-associated sarcoma for every 65,000 vaccines he injects.

獣医学診療ニュースによると、サン・アントニオにあるアラモ・猫健康センターの所長のゲーリー・D・ノースワージー先生(もう40年診療されている)も患者に年1回のワクチン接種をしていてそれを変える気がもうとうない60%のうちの一人です。

この先生の論理的根拠は、ワクチンが必要だからと信じて健康診断にネコをつれてくる飼い主が多いということです。この年に1回の健康診断の機会を失うつもりはないそうです。それで、この先生の病院では年1回用の狂犬病のワクチンしか使わず、患者に毎年くるよう言っているのです。

先生は”インターネットのチャット”によりワクチンは危険なものと猫の飼い主が思わされていると考えています。先生の病院ではワクチンを受けたネコが2007年と比べると2012年には25%も少なくなったということです。先生は自分がワクチンをうったネコでは、65000匹に1匹の割合でしかワクチンが原因とみられる肉腫のケースが見られなかったといいます。

Clearly, Dr. Norsworthy, like many conventional vets, makes no connection between other feline health problems and repeated unnecessary annual vaccinations. Like Norsworthy, many DVMs don't know or don't choose to know about the dozens of other health crises that can arise as the result of vaccines, and especially as the result of repeated re-vaccinations.

Rather than figure out how to give clients logical, legitimate reasons to bring their pets in for regular wellness exams, the majority of vets apparently prefer to continue the risky business of re-vaccinating their patients year in and year out.

Could it be this approach to pet care is why veterinary visits have steadily declined in recent years?

明らかに、ノースワージー獣医師は、多くの従来の考え方の獣医のように、繰り返し接種される年1回のワクチンと他のネコ健康問題とが関連していることに気がついていないのです。

ノースワージー獣医師のように、多くの獣医師はワクチンの結果起こり得る、特に何回もワクチンを打つことによる他のたくさんの健康上危機について知らない、あるいは、知りたくないのです。

どうやったら飼い主にペットを定期的な健康診断につれてくるよう、論理的に筋が通るよう話せるか考えるより、大多数の獣医はペットに危険なワクチンを毎年続けるのです。

Is it really so difficult to explain to pet owners the benefits of bringing their dog or cat in for at least one wellness visit a year? From my experience, it's not difficult at all. I see the majority of the patients in my practice for wellness visits twice a year, and it is extremely rare that I administer any vaccine to an adult animal, excluding the mandatory 3-year rabies.

Also according to Dr. Ford, there are some DVMs who would like to follow the new guidelines, but are concerned that vaccine product labels include text that reads "annual booster recommended."

This seems a very strange argument in favor of continuing annual vaccinations, doesn't it? If canine and feline vaccination advisory panels have established new recommended guidelines, why would a vet choose instead to take the advice of the vaccine manufacturer's product label?

年に少なくとも1回飼い犬や飼い猫を健康診断につれてくるとどんな良いことがあるのか説明することがそんなにむずかしいのでしょうか?私の経験からはちっともむずかしくないことなのです。私の病院ではほとんどの患者さんが年2回の健康診断にきてくれますが、大人の動物にワクチンを打つことは非常にまれです。必須となっている3年に一回の狂犬病のワクチン以外は。

また、フォード獣医師によると、新しいガイドラインに沿いたいけれど、ワクチンのラベルに”年1回推奨”とう言葉が入っているので心配している獣医学士もいるということです。

これは、毎年一回のワクチン接種を続けたい側の非常に変わった論点です。犬・ねこワクチン諮問機関が新しい推奨ガイドラインを設定しているのに、どうして獣医がワクチン製造業者の製品のラベルのアドバイスの方に従おうとするのか。


So What's a Concerned Pet Owner to Do?
それでは、心配しているペットの飼い主はどうしたらいいのでしょう?

As regular readers here at Mercola Healthy Pets are aware, I'm very much an advocate of "less is more" when it comes to vaccinating animals.

If your veterinarian is still recommending yearly core vaccinations, ask him (or her) instead to do titers to measure your pet's current immunity. Chances are excellent, if your pet was vaccinated properly as a puppy or kitten, that he's protected for life. It's important to remember the only vaccine required by law is rabies.

If your vet is no longer pushing yearly core vaccines, but instead is recommending items off a menu of non-core vaccines, you should have a frank discussion with him about the actual risk your pet runs from whatever diseases he wants to vaccinate against. I also recommend you do your own research on the risks and benefits of all non-core vaccines, which are generally not as safe or effective as core vaccines.

マーコラ・ヘルシー・ペット・サイトの記事をよく読まれる方ならご存知でしょうが、私は動物のワクチン接種のこととなると、”少なくする方が結果的にはより良い結果がでる”と提唱しています。

もし、あなたの獣医が今でも年一回の主要ワクチン接種を勧めるようでしたら、ワクチンではなく代わりにペットの現在の免疫状態を計るタイター・テストをするよう頼んでください。もし、あなたのペットが子犬やこねこの時、きちんとワクチンをうけていれば、一生免疫があり守られている可能性が大です。法律で必須とされているのは狂犬病のワクチンだけだということを覚えていることが大事です。

もし、あなたの獣医が、もう年に一度の主要ワクチン接種を強く勧めなくなっても、代わりに主要ワクチン以外のワクチンを勧めるようでしたら、そのワクチンが予防しようとしている病気にかかる可能性が本当にあるのか獣医と正直に話し合ってください。主要ワクチン以外のワクチン全ての危険性と利点についてご自分で調べてもみてください。そういったワクチンは概して主要ワクチンほど安全でも効果的でもありません。

For more information on the revised guidelines and my vaccine recommendations for dogs, read here.

For a very informative 4-part video interview with renowned veterinary vaccine expert Dr. Ronald Schultz: part 1 (How Often Should You Vaccinate Your Cat or Dog?), part 2 (The Alternative to Re-vaccinating Your Pets Annually), part 3 (The Vaccine That's Mandatory in Every State in America), and part 4 (Does Your Pet Really Need That Rabies Shot?).

For a discussion of why regular veterinary wellness exams are important for your pet's health, read here.



ガイドライン改訂版の詳細と私が勧める犬用ワクチンについては、こちらを読んでください。

http://healthypets.mercola.com/sites/healthypets/archive/
2011/10/27/new-canine-vaccination-guidelines.aspx



有名な動物用ワクチンの専門家のロナルド・シュルツ博士のインタビュービデオ(情報いっぱいのものが4つあります)はこちらです:

パート1: 飼い猫・飼い犬にどの位の頻度でワクチンをうつべきか

http://healthypets.mercola.com/sites/healthypets/archive/
2011/05/31/what-your-vet-didnt-tell-you-about-all-
those-puppy-and-kitty-vaccines.aspx



パート2: 毎年のワクチン接種に変わる他の方法

http://healthypets.mercola.com/sites/healthypets/archive/
2011/06/07/alternative-to-revaccinating-your-pets-
annually.aspx



パート3: アメリカ全州で必須となっているワクチン

http://healthypets.mercola.com/sites/healthypets/archive/
2011/06/14/unraveling-the-pet-vaccine-tangle--what-to
-know-about-rabies-vaccine.aspx



パート4: 狂犬病のワクチンは本当に必要?

http://healthypets.mercola.com/sites/healthypets/archive/
2011/06/21/expert-proof-most-pets-are-vaccinated-
way-too-often.aspx



定期的な健康診断がペットの健康にとって重要である理由については、こちらをご覧ください:



http://healthypets.mercola.com/sites/healthypets/archive/
2011/02/24/reasons-to-visit-your-veterinarian.aspx



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chibi1988

Author:Chibi1988
チビちゃんが生まれたのは1988年秋。正式に私の子になったのが1989年3月15日。いっしょに住めるようになったのが1990年2月。それから2003年8月9日までずっといっしょでした。今も心の中ではいっしょです。チビちゃんをお兄ちゃんと慕っていた猫のあ~ちゃん、2012年1月22日にお星さまになってしまいました。チビちゃんを知らない2009年5月生まれのクーちゃんも2015年4月26日に6年という短い一生を終えました。FIVでした。そして後を追うようにデリーちゃん(13歳)が6月30日にお星さまになってしまいました。ルンちゃん、一人なってしまい静まりかえっていた家ですが、ご縁があり9月20日にコアラちゃん、11月7日にティガーちゃん、そして12月29日にマフィンちゃんを迎えいれることができました。(チビちゃんが亡くなって休止していたわんちゃんの里親さがしは2010年夏に再開しましたが、6頭目でつまづき、現在は休眠中です)ルンちゃん、コアラちゃん、ティガーちゃん、マフィンちゃんの毎日を記録に残したいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR