Pet Fooled (6)

Pet Fooled (451x640)

Pet Fooled のつづきです。


FDAのDan McChesneyさん
Director, Office of Surveillance & Compliance,
FDA
(FDA: Food & Drug Administration
     アメリカ食品医薬品局)

”この商品に関してどこが問題なのか
見つけることができずにいるので
とてもがっかりしています。
病気の動物がいるのは確かで、それが
この商品と関係していることを証明
するはっきりした証拠があるにもかかわらず
いろいろな検査をしたにもかかわらず
その原因となるものが見つからないのです。”

バーバラ・ローヤル獣医師:

”時には原因が一つではないことがあります。
一つのものと他の物を混ぜると、毒性の物質に
なることもあります。ですから、一つのもの(原因)だけを
探していると見つけるのはむずかしいのです。”

ナレーション:

チキン・ジャーキー事件は2013年、つまり
最初に被害の申し立てがなされてから6年ほども
続きました。New York State of Agriculture 
(ニューヨークの農務省)の調査の結果、
チキン・ジャーキーのおやつに非合法的な量
(微量ですが)の抗生物質が入っていたことが
わかりました。この抗生物質が亡くなったペットの死と
直接関係があったかどうか証明することは
できませんでしたが、これによりFDAがペット・フード会社側に
問題の商品をお店の棚から取り除かせることは
できました。

(画面に商品に関する注意書きが映し出される:

”警告:下記商品はFDAの調査中です。
    ワゴン・トレイン、キャニオン・クリーク・ランチ、
    マイロズ・キッチン

 腎臓病、肝臓病、死に至ることもあります)

Waggin’ Train Dog Treat 会社側からの
発表:

“チキン・ジャーキーのサンプルに見つかった微量の
抗生物質の残留物はFDAが現在行っている調査とは
関係ありません。また、この微量の抗生物質が
ペットに及ぼす害またはこれによる死亡はありません。”

カリフォルニアの被害にあった飼い主さん:

”信頼が損なわれました。もうペット・フード会社は
信用しません。会社は私のことなど気にしません。
気になるのは私がもっているお金だけです。
ひどい話ですよね。”

ナレーション:

ペットの病気・死のこととなると、裁判所は消費者に
友好的ではありません。というのは、アメリカ政府による
と飼い主にとっては最愛のコンパニオン・アニマルでも
ペットは所有物とみなされるため、その金銭価値は
ゼロかあってもほんの少しだからです。

(画面にお店で売られているジャーキーの袋。
 誰かが”毒!たくさんの動物を殺したトリーツ、
 と書き込んでいる)


公民権弁護士のヴィンス・フィールドさん:

”ペットの価値を決めるのはとてもむずかしいのです。
裁判所でも困っています。ペットが怪我させられた、
あるいは殺された場合、結局はどの位の被害
にあったかということになります。だいたいは
ペットが個人の所有物とみなされているので、
裁判所はなるべく早く分析をして済ませようと
します。ペットのためにどの位お金を払ったか、
動物病院での費用とかです。感情面での被害
ではなく、お金の面だけが保障されます。”

ナレーション:

2015年にアメリカ政府機関は人間の価値を
600万ドルから900万ドルとしました。
消費者が怪我をしたり、死亡した場合の保障額です。

一方、ペット・フード産業の場合、そういった保障は
存在しません。一番大規模のペットの集団訴訟でさえ、
ペット・フードで直接被害にあったペットに対して
払われる金額はペット・フード会社が毎年あげている巨額な
利益と比べると、取るに足らない額となります。
ですから、利益が関係する限り、消費者がペット・フード会社が
とるべきだと考えている責任をペット・フード会社はとりません。

(画面にペット産業総支出額表:

1994年  170億ドル
2004年  344億ドル
2014年  580.4億ドル
2016年  627.5億ドル  )


セバスチャン・ゲイさん
“Companion Animal Capital”の著者。

”私はコンパニオン・アニマルの経済的価値の計算理論
を考え出した者です。”

ナレーション:

コンパニオン・アニマルの経済的価値を計算するには
方式が必要となり、その方式によって、
犬や猫の正確な価値を査定することになります。

セバスチャン・ゲイさん:

”コンパニオン・アニマルの経済的価値を計算する際、
主に問題になるのは、動物病院の獣医があげる数値
(ペットになにかあった場合の治療費)と飼い主があげる
数値(ペットのためにいろいろ購入する額)の相違なのです。

ナレーション:

2007年の訴訟決着額が数百万ドルではなく何億ドルだった
としたら、ペット・フード会社は計略を変え、なんとしてでも
リコールを避けようとしたでしょう。


セバスチャン・ゲイさん:

”状況が完全に変わったとは思っていません。
訴訟をおこしてもいいですが、全てを変えるには
大きな裁判が必要です。”


フロリダ州タンパ在住
Truth about Pet Food (ペット・フードの真実)の
スーザン・スイツクストンSusan Thixton さん:

”私はスーザン・スイツクストンと申します。
Truth about Pet Food というサイトを運営しています。
インターネットが普及する前からみんなに
ペット・フードについて教えています。

20年ほど前のことですが、突然、私の飼い犬の
骨盤の骨に腫瘍ができました。獣医につれていき
ましたら、骨の癌でペット・フードに入っている化学保存料
が原因だろうと言われました。

(画面に EHTOXYQUIN という字が)

私は理解できませんでした。どうして信用していた
ペット・フード、それも一流のペット・フード会社のもの、
を食べて癌になるって??? フードが癌を
引き起こし、自分の犬を殺した?”

獣医は化学保存料はペット・フードの賞味期間を延ばす
ためのものだと言いました。当時、私は賞味期限
などということはほとんど知りませんでした。それで
獣医がいうことが本当かどうか疑わしいと、
ペット・フード会社に電話して聞いてみました。
その電話できいたことが文字通り私の人生を
変えることになったのです。私の脳に刻みこまれた
言葉ですが、”ペット・フードの賞味期間は25年です”
と言われたのです。つまりそれだけたくさんの
化学物質が入れられているということになります。
ペット・フードが自分の飼い犬の寿命の3倍以上も
フレッシュなままだというのです

犬か猫を飼っていらっしゃるなら、ペット・フードが
あなたのペットを殺すことになります。
あなたのペットを。そして、あなたがそのペット・
フードをペットのボールに入れるのですから
責任重大です。人生を変える事件です。
毎日とは言わないまでも、毎週、私と同じ経験を
した人からお話をききます。それで、この活動を
続けることができるのです。

私は人々がもっと知るようになると変化が起きると
とても楽観的の考えています。大きなペット・フード
会社はマクドナルドと同じように存在し続けるとは
思います。飼い主がマクドナルドの食べ物を
飼い犬にあげることもあるでしょうから、ペットの飼い主は
普通の人よりもっとファースト・フードのことに
気を遣わなくては。。。

でも、マクドナルドがつぶれずにいる一方で健康志向の
お店がたくさん、急速に増えています。ペット・フード
産業でも同じことが起こっていると思います。
大きなペット・フード会社が存続しつづける一方で
たくさんの小さな健康に目を向けた会社がどんどん
できていて、お客さんも増えています。”

カレン・ベッカー獣医:

”ドライ・ペット・フード産業はおもしろいことに板挟みに
あっているのです。生食をバッシングする情報をもっと
得るか、それともお客さんの希望に耳を傾けるか、です。
よく勉強している飼い主さんは動物病院の先生の所へ
言って、”もっと肉中心のフードがほしんです。炭水化物
は増やさないで。混ぜ物や、保存料や不必要な成分の
ないものがほしいんです”と言うでしょう。

この流れにのったぺット・フード会社があります。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chibi1988

Author:Chibi1988
チビちゃんが生まれたのは1988年秋。正式に私の子になったのが1989年3月15日。いっしょに住めるようになったのが1990年2月。それから2003年8月9日までずっといっしょでした。今も心の中ではいっしょです。チビちゃんをお兄ちゃんと慕っていた猫のあ~ちゃん、2012年1月22日にお星さまになってしまいました。チビちゃんを知らない2009年5月生まれのクーちゃんも2015年4月26日に6年という短い一生を終えました。FIVでした。そして後を追うようにデリーちゃん(13歳)が6月30日にお星さまになってしまいました。ルンちゃん、一人なってしまい静まりかえっていた家ですが、ご縁があり9月20日にコアラちゃん、11月7日にティガーちゃん、そして12月29日にマフィンちゃんを迎えいれることができました。(チビちゃんが亡くなって休止していたわんちゃんの里親さがしは2010年夏に再開しましたが、6頭目でつまづき、現在は休眠中です)ルンちゃん、コアラちゃん、ティガーちゃん、マフィンちゃんの毎日を記録に残したいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR