What To Give Your Pets



What to give to your pets??

カレン・ベッカー先生のお勧めは:

No.1 ― 生食(フローズン・フード)

No.2 - 缶詰め

No.3 ― Dehydrated Food 乾燥フード
       [お水をたしてあげるもの)

一番あげたくないのがドライ・フード

でも、ドライ・フードでもいろいろあるので
選ぶとしたらグレーン・フリー(穀類の入っていない
もの) でも、グレーン・フリーといっても
炭水化物が入っていないわけではないので
安心はできなさそうです。






こんなにお砂糖が。。。。



”副産物”が入っていたら、
”穀類”ばかり入っていたら、
やめた方がいいようです。

中に入っている成分で多いものから表示するそうなので、
最初がお肉、次もお肉、、、、と最初の4つか5つが
お肉類だといいそうですが、最初がお肉、次からあとは
全部l穀類、、、なんてのばかりみたいです。

そうすると、日本で購入できるペット・フードで、
いいものはないの。。。かも。

一番いいのは生肉+野菜等。それをグラインダーで
グラインドしてたくさん作っておいて、
タッパーウェア―にいれて冷凍。

大型犬の飼い主さん(IT会社のマネジャーさん)でそれを
実践した方とのビデオを見ましたが、
自分とこのわんちゃんと、他の家のわんちゃん(自分の犬の兄弟犬)など
3頭分、8週間分をまとめて作るんです。10時間かけて。。。
なんか見てるだけで、は~~~ でした。
私、お肉を見るのも嫌なので、これはとても無理だと思いましたが。。。

でも、この食事にしてから、毛づやも体つきも
すばらしくなったそうです。
それに、ウンチの量がぐんと少なくなったそう。
(ドッグ・フードにはいらないものがたくさん入っているからでしょうか)




ペットの健康はまず適切な食事から、、、というのがDr Karen Becker の
口癖です。確かに。。。(人間でもそうですものね)

そこで、この話を知った時(去年の夏ですが)
さっそくAmazonでいろいろよさそうなものを買ってみましたが。。。。

うちの子たちは、みんな、見向きもせず、
一粒も食べてくれませんでした。。。

うちであげているフードでは
ローヤルカナンのpHコントロール1(ルンちゃん用)には
BHA(酸化防止剤)が入っているし、

ローヤルカナンのVets Plan(ティガーちゃん用)には
コーン、ビートパルプなどが入っているし、

銀のスプーンの三ツ星グルメ(ティガーちゃん用)には
チキンミール、ポークミール、ビーフミール、
とミールばかりと穀類が入っているし、

シーバのDUO(コアラちゃん、マフィンちゃん用)には、
チキンミールとなんと豚副産物、そして
穀類も入っているし、で
理想的なフードと言えるものが一つもありませんでした。

朝晩、いろんな缶詰やレトルト・タイプをあげていますが、
そのほかはドライ・フードにしているので、どうしたものか
と考えてはいるのですが。。。

以前、アズミラとかアルテミスとか
ホリスティック・ペット・フードを試したことが
あったのですが、やっぱり全く食べてくれず、
全部捨てることになり、いくら
良くても食べてくれないのでは、とあきらめていました。

BHA は BHT と並んで、ペットフードによく入っている、
毒性のある成分の一つで
BHAは胃がん、行動の変化、過敏さ、肝臓の損傷、
胎児の異常、代謝ストレスに、
BHTは肝臓問題、甲状腺がん、膀胱がん、
代謝ストレスを起こすと疑われているものです。

BHA: ブチルヒドロキシアニソール(Butylated hydroxyanisole)
      脂溶性の有機化合物で、主に酸化防止を目的として用いられる
      食品添加物



BHT: ジブチルヒドロキシトルエン (dibutylhydroxytoluene)、
     別名ブチル化ヒドロキシトルエン (butylated hydroxytoluene)
     主に抗酸化剤として食品添加物として用いられる

なんで、ローヤルカナンがこんな良くないものを
フードに使っているのか、
不思議でしょうがありませんが。

今年に入って、猫ちゃん用(というかわんちゃん用で
ねこにもいいような)生食を試してみましたが、
全く無視されました。クンクン臭いを嗅いで、終り。
なに、このおいしくなさそうなもの、、、ってな
お顔してましたね。みんな。

切り替えるときには、ほんのちょっとだけ、
今までのフードに混ぜてあげるといいそうですが、
解凍したものを冷蔵庫で保存するといっても
そんなに何日も保存できないでしょうし。。。

こまったもんです。







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chibi1988

Author:Chibi1988
チビちゃんが生まれたのは1988年秋。正式に私の子になったのが1989年3月15日。いっしょに住めるようになったのが1990年2月。それから2003年8月9日までずっといっしょでした。今も心の中ではいっしょです。チビちゃんをお兄ちゃんと慕っていた猫のあ~ちゃん、2012年1月22日にお星さまになってしまいました。チビちゃんを知らない2009年5月生まれのクーちゃんも2015年4月26日に6年という短い一生を終えました。FIVでした。そして後を追うようにデリーちゃん(13歳)が6月30日にお星さまになってしまいました。ルンちゃん、一人になってしまっていたところ、ご縁があり2015年9月20日にコアラちゃん、11月7日にティガーちゃん、そして12月29日にマフィンちゃんを迎えいれることができました。(チビちゃんが亡くなって休止していたわんちゃんの里親さがしは2010年夏に再開しましたが、6頭目でつまづき、現在は休眠中です)4人+私で仲良く暮していたのですが、2017年4月24日、ルンちゃんが16歳でお星さまになってしまい、2015年生まれの若い3人(コアラちゃん、ティガーちゃん、マフィンちゃん)が残されました。みんなが健康で穏やかな毎日を過ごせるよう祈りながら、みんなの記録を残したいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR