港の見える丘公園 Minato-no Mieru Oka Park 21.4 & 22.4.2018

DSC04562 (480x640)

進む方向からすると
この地図さかさまですが。


港の見える丘公園への行き方です。
ご参考まで。

横浜からみなとみらい線で元町・中華街行き、
終点 (急行でもどんこうでもあまり変わりありません)
特急だと途中みなとみらいにしか止まらないので
2つ目で7分。
急行だと4駅目で8分
(横浜ーみなとみらい―馬車道ー日本大通りー元町・中華街)
どんこうだと5駅目で9分
(横浜の次に新高島が入ります)

1.港の見える丘公園の下から上へのコース
  (フランス山地区からイギリス山地区へ)

  階段を上るのがたいへんでない方は
  このコースがお勧め

元町・中華街駅に着いたらホーム中ほどのエスカレーターで上へ。
(こちらは出口1番から4番まで)

DSC04736 (640x480)

それにしてもこの駅はいつも暗いですね。



DSC04737 (640x480)

上に着いたら右側の出口4番のマリンタワー方面へ。
エスカレーターの裏側の目立たない所にエレベーターもあり。
地上にでたらU-ターンすると向こうにもうマリンタワーが
見えます。


DSC04547 (480x640)


マリンタワーに向かって歩いていき、
マリンタワーに着く前に右をみると
このとんがり屋根の人形の家の建物が見えます。

DSC04549 (640x480)



DSC04550 (640x480)




DSC04554 (640x480)



そこで歩道橋を上がっていき、フランス橋と
呼ばれる人形の家から港の見える丘公園へ
通じる歩道橋を歩いていきます。



DSC04552 (640x480)


DSC04553 (480x640)



DSC04719 (640x480)



DSC04555 (640x480)



DSC04556 (640x480)



DSC04557 (640x480)



DSC04560 (640x480)



DSC04561 (640x480)


DSC04568 (640x480)



DSC04569 (640x480)


港の見える丘公園の方へ降りていくと
フランスに寄贈されたというアート
(バルタールパビリオン)が見えます。


DSC04570 (640x480)


上へ行く階段が2本ありますが、どっちをとっても
同じ所にでます。


DSC04573 (640x480)



DSC04574 (640x480)


DSC04576 (640x480)

どんどん上がっていくと、森の雰囲気に
包まれます。この階段、結構疲れるのです。
(ランニング中で駆け上っていくおじさんも
いましたが。。。)


上では色とりどりの小さなお花が迎えてくれます。

DSC04578 (640x480)



DSC04579 (640x480)



DSC04580 (640x480)



DSC04581 (640x480)



DSC04582 (640x480)



DSC04583 (640x480)



DSC04584 (640x480)



DSC04585 (640x480)



DSC04589 (640x480)

少し進むと旧フランス領事館邸あとが。
当時の写真・パネルが展示されています。

DSC04563 (480x640)


DSC04587 (640x480)



DSC04592 (480x640)



DSC04593 (480x640)



DSC04594 (480x640)


DSC04595 (480x640)



DSC04597 (480x640)



DSC04598 (480x640)

後を振り返るとマリンタワーが見えます。


DSC04586 (640x480)



DSC04599 (640x480)

あちこちに標識が立っているので
迷うことはありません。


DSC04601 (640x480)


DSC04602 (640x480)


その先に高い木々に囲まれた愛の母子像と


DSC04605 (480x640)



DSC04603 (640x480)

その先に煉瓦井戸跡が。(当時はお水をくみ上げる
のに風車を使っていたそうで、その一基が残されて
います。)

DSC04604 (640x480)


DSC04606 (640x480)



DSC04717 (480x640)


さらに進むと展望エリアが見えてきます。


DSC04608 (640x480)



DSC04609 (640x480)



DSC04610 (640x480)



DSC04611 (640x480)



DSC04612 (640x480)



展望エリアの広場の右側先が、公園の正面玄関となります。


DSC04613 (640x480)



DSC04614 (640x480)



DSC04615 (640x480)



DSC04616 (640x480)



DSC04617 (640x480)


港が見える丘と言っても、すぐ鼻の先は海ではなく
ごちゃごちゃした建物で、向こうに港と船、ベイブリッヂが
遠くに見えます。

DSC04618 (640x480)



DSC04619 (640x480)



DSC04620 (640x480)



DSC04621 (640x480)


DSC04713 (640x480)


DSC04714 (640x480)



DSC04715 (640x480)



DSC04716 - コピー (640x228)



DSC04714 - コピー (640x193)



あとでわかったことですが、この展望エリアより
この先の霧笛橋の近辺の方がベイブリッヂは
はっきり見えます。

展望台の隣にきれいな一画(花壇)があり
ガーデン・ベアちゃんが立っていました。


DSC04626 (640x480)



DSC04622 (640x320)



DSC04623 (640x480)



DSC04624 (640x480)



DSC04625 (640x480)



DSC04627 (480x640)



DSC04628 (640x480)



DSC04629 (640x480)



DSC04630 (640x480)



DSC04631 (480x640)


ここからそのまま進むと階段をおりて
沈床花壇があり、その右側にローズガーデンが。
花壇の真ん中に噴水があり、花壇の向こうには
大佛次郎(おさらぎじろう)記念館が見えます。
どうしても、だいぶつ次郎と読んでしまいます。

(大佛次郎記念館とイギリス館については
 別記します)


DSC04635 (640x480)



DSC04636 (640x480)



DSC04637 (480x640)



DSC04638 (640x480)



DSC04639 (640x480)



DSC04640 - コピー (640x280)



DSC04641 (640x480)



DSC04642 (640x480)



DSC04643 (640x480)



DSC04644 (640x480)



DSC04645 (640x480)



DSC04646 (640x480)



DSC04648 (480x640)



DSC04649 (640x480)



DSC04650 (640x480)



DSC04651 (640x480)


DSC04653 (640x480)



DSC04656 (640x480)



DSC04663 (640x480)



DSC04665 (640x480)



DSC04666 (640x480)



DSC04667 (640x480)



DSC04672 (640x480)



DSC04673 (640x480)



DSC04675 (640x480)



DSC04676 (640x480)



DSC04681 (640x480)



大佛次郎記念館の右手にはイギリス館があり
その後ろ手に噴水広場と山手111館があります。

(大佛次郎記念館、イギリス館、ローズ・ガーデン詳細については
別記します。)

イギリス館には2006年だったと思いますが
サックスの三四朗さんとピアノのかたのライヴを
聴きに来たことがありました。一階の催し物部屋からは
閉ざされたドアから音楽がかすかに聞こえてきました。

イギリス館と山手111館は拝観料無料。
大佛次郎記念館は大人200円です。
(横浜市在住で65歳以上はただ)

大佛次郎記念館の左手へ行くと
霧笛橋という歩道橋のようなものがあり
神奈川県近代文学館へとつながっています。
与謝野晶子展をしていました。


DSC04902 (640x480)


DSC04915 (640x480)



DSC04916 (640x480)



DSC04914 (640x480)


DSC04903 (640x480)



DSC04904 (640x480)



DSC04905 (640x480)



DSC04906 (640x480)


DSC04907 (640x480)



DSC04908 (640x480)



DSC04909 (640x480)




喫茶店は大佛次郎記念館の建物の向かって左はしに
”霧笛”という名前の喫茶店が(ネコの小物が
いっぱい飾ってあります)あります。本の題名から
とったそうです。また、近代文学館の
はしにもUNTEI という喫茶店があります。
(こちらはなぜかガラガラでした)

私は霧笛のほうで、ケーキ・セットをいただきました。
(だいたい1000円) チーズ・ケーキは大佛次郎さんの
奥様のレシピ―をそのまま使っているそう。
パンプキン・ケーキとレモン・ティーのセットを
いただきました。大佛次郎記念館の入館券を
見せると50円引いてくれます。


DSC04920 (640x480)



DSC04921 (640x480)



DSC04922 (640x480)


2.港の見える丘公園の正面玄関からのコース

横浜からみなとみらい線で元町・中華街駅へは
上記と同じ。

ホーム中ほどのエスカレーターではなく
ホームはしのこじんまりとしたエスカレーター
(出口5番と6番用)を上へ。
出口6番を目指します。


DSC04738 (640x480)



DSC04741 (640x480)



DSC04742 (640x480)



DSC04743 (640x480)



DSC04744 (640x480)



DSC04745 (640x480)


地上階に着いたら、5番出口と6番出口に分かれて
います。5番出口(左)は元町方面へ。
6番出口(右)を出るとすぐエレベーターがあります。
エレベーターかエスカレーターで、屋上階へ。

エスカレーターだと、横の壁にいろいろ絵(写真)が
見え、おもしろいです。どんどん上がっていき、
最上階のところが、アメリカ山公園です。


DSC04747 (640x480)



DSC04749 (640x480)



DSC04754 (640x480)



DSC04755 (640x480)



DSC04756 (640x480)



DSC04758 (480x640)


エレベーターだと、着いた所がすぐ薔薇のコーナーですが、
エスカレーターだと出口をでると前は芝生が
広がっている所で、薔薇の咲いているあたりは
裏側でみのがしそうです。


DSC04766 (640x480)

4月22日の時点でもう薔薇が咲いていたのには
びっくり!

その一週間後には港の見える丘公園の
ローズ・ガーデンではずいぶんたくさん
もう咲いていました。

DSC04767 (640x480) (2)



DSC04768 (640x480) (2)



DSC04772 (640x480) (2)


アメリカ山公園は小さな公園ですが、いろんな
珍しいお花が咲いていました。芝生で寝ころんで
いる人もいました。

前へ進むとアメリカ山公園の正面玄関が。

(アメリカ山公園も長くなるので、別記します)

そのまま坂道を上っていくと、左手に横浜
気象台の建物、右側が外人墓地。


DSC04833 (640x480)




DSC04837 (640x480)




DSC04838 (640x480)




DSC04843 (640x480)



最初の交差点(外人墓地入口前)を左へ曲がると、
むこうにもう港の見える丘公園の正面玄関が見えます。


DSC04850 (640x480)

外人墓地正面から港の見える丘公園の方を
ながめた感じ。



DSC04851 (640x480)


DSC04852 (640x480)



DSC04853 (640x480)

この角のちょっと上がった所の横の
傾斜面になんとしろねこちゃんが
お昼寝してました。


DSC04854 (640x480)



DSC04855 (640x480)



DSC04858 (640x480)



DSC04859 (640x480)



DSC04860 (640x480)



DSC04863 (640x480)



DSC04864 (640x480)



DSC04866 (640x480)



DSC04867 (640x480)



DSC04870 (640x480)



DSC04871 (640x480)



DSC04873 (640x480)



DSC04874 (640x480)

正面入ってすぐ右側がロース・ガーデン入口。



3. 港の見える丘公園の正面玄関コース。
  (桜木町から赤い靴バスでここまで)


DSC04963 (640x480)

赤い靴バス、港の見える公園の噴水広場で
ぐるりと向きを変えます。

DSC04964 (640x480)



DSC04965 (480x640)



DSC04967 (480x640)

横浜市の市花、薔薇です!

桜木町駅から赤い靴バス(循環バス)が利用できます。
一律210円。桜木町駅から港の見える丘公園バス亭まで
のったらのったら約30分だそう。どこまで乗っても
210円。桜木町から桜木町に帰るまで50分位乗っていても
210円。

中華街で食事してから行かれる場合は、中華街入口近くの
ローズ・ホテル(白い建物)前のバス亭からこの赤い靴バスに
のり、港の見える丘公園へ行きます。
二つ目です。あっという間です。

疲れている方や荷物が重い方は、このバスが
便利です。港の見える丘公園の正面玄関へは
ゆるい坂ですが、ずっと上り坂です。





2番のコースが一番時間がかからず楽ちんです。

みなさまもぜひお出かけください。

お勧めできます。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chibi1988

Author:Chibi1988
チビちゃんが生まれたのは1988年秋。正式に私の子になったのが1989年3月15日。いっしょに住めるようになったのが1990年2月。それから2003年8月9日までずっといっしょでした。今も心の中ではいっしょです。チビちゃんをお兄ちゃんと慕っていた猫のあ~ちゃん、2012年1月22日にお星さまになってしまいました。チビちゃんを知らない2009年5月生まれのクーちゃんも2015年4月26日に6年という短い一生を終えました。FIVでした。そして後を追うようにデリーちゃん(13歳)が6月30日にお星さまになってしまいました。ルンちゃん、一人になってしまっていたところ、ご縁があり2015年9月20日にコアラちゃん、11月7日にティガーちゃん、そして12月29日にマフィンちゃんを迎えいれることができました。(チビちゃんが亡くなって休止していたわんちゃんの里親さがしは2010年夏に再開しましたが、6頭目でつまづき、現在は休眠中です)4人+私で仲良く暮していたのですが、2017年4月24日、ルンちゃんが16歳でお星さまになってしまい、2015年生まれの若い3人(コアラちゃん、ティガーちゃん、マフィンちゃん)が残されました。みんなが健康で穏やかな毎日を過ごせるよう祈りながら、みんなの記録を残したいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR