ブラフ111番館 Bluff No. 111 May 4, 2018

DSC06098 (640x480)




DSC06099 (640x480)




DSC06100 (640x480)




DSC06101 (640x480)




DSC05846 (640x480)

ブラフ111番館の回りには門入口まで黄色い薔薇が
咲いていました。
(5月4日)









DSC05848 (480x640)

Bluff No. 111
ブラウ111番館といわず
山手111番館と呼ばれています。
Closed on the 2nd Wed.
Open 9:30 - 17:00
(9:30 - 18:00 in July and Aug)



DSC05847 (640x480)




DSC05899 (640x480)




DSC05893 (640x480)

向こうに紫のお花が。。。



DSC05892 (569x640)









DSC05894 (640x480)

ブラフ111番館から見た前庭



DSC05897 (640x480)




DSC05849 (640x480)




DSC05850 (480x640)




DSC05851 (640x480)




DSC05852 (480x640)




DSC05853 (640x480)

お家の後ろ側が港の見える丘公園のローズ・ガーデンの
続き部分です。



DSC05854 (640x480)

テラスで紅茶も楽しめるようです。




DSC04940 (640x480)

(これは4月22日撮影
この時はまだ薔薇咲いてませんでした)



DSC04941 (640x480)




DSC04942 (640x480)







DSC05855 (640x480)



DSC05879 (640x480)




DSC05880 (640x480)




DSC05881 (640x480)




DSC05882 (640x480)




DSC05883 (480x640)





DSC05856 (640x480)

ホールをはさんで両側が対称な作りになっています。
一部屋でネコちゃんの絵が展示されていました。


DSC05857 (640x480)




DSC05858 (640x480)




DSC05859 (480x640)




DSC05860 (640x480)




DSC05861 (480x640)




DSC05862 (480x640)



DSC05863 (640x480)




DSC05864 (480x640)




DSC05865 (640x480)




DSC05866 (480x640)




DSC05867 (640x480)




DSC05868 (640x480)




DSC05869 (640x480)

Bluff No. 111 を設計なさった
J. H. モーガンさんと奥さま。

モーガンさんはなんと、丸ビル(初代の)建設のため
日本来日。アメリカではもうすでに一流の建築
デザイナーで、家族もいらしたそうですが、
日本行きの話が出たころはもう冷え切っていたそうで、
来日して秘書をなさった日本人女性と結婚。

丸ビル、日本郵船等、大きなプロジェクトを推進した
ジョイント・ベンチャーの建築デザイン部長のような
形だったようですが、その後、独立してオフィスは
最初東京で、その後横浜へ移住。当時の横浜の
外国人コミュニティーの一員として活躍されたそうです。



DSC05870 (640x480)

ここに住んでいらしたラフィンさん



DSC05871 (640x480)




DSC05872 (640x480)




DSC05873 (480x640)

J.H.モーガンさんのデザインされた建物は
いろいろありーー銀行、学校、病院、個人の自宅、
一番有名なのはべリック・ホールでしょうか
(まだ、行ってませんが。。。)
そして、モーガンさんはご自分が門をデザインした
横浜外国人墓地に眠っていらっしゃいます。

代表的な建物の写真がこちらにでていました。
You can see some of his works here.

http://www.zoukei.net/morgan.htm






DSC05876 (480x640)

素敵な空間です。



DSC05877 (640x480)

洒落てますね。



DSC04943 (640x480)

後から見ると確かに3階建て
(ここから写真は4月22日に写したものです)



DSC04960 (640x480)

前から見ると2階建て



DSC04958 (640x480)

横からみても2階建て



DSC04959 (640x480)

入口を横から




DSC05845 (640x480)




DSC04965 (480x640)




DSC04966 (480x640)




DSC04961 (640x480)




DSC04963 (640x480)

噴水広場で赤い靴バスがUターンします。



DSC04967 (480x640)




Bluff No. 111 was designed by Mr. Jay Herbert Morgan,
an American architect (Born in Buffalo, New York State,
USA and died in Yokohama on June 6, 1937)

His birthday was either Dec 10 or Jan 10, 1868 or
1873 or 1877. He came to Japan in 1920 as a design
engineer for a company called “George A. Fuller
Company of the Orient Ltd.” which was a joint venture
by a leading American company Fuller and the Real
Etate Department of Mitsubishi Joint-Stock Company.
He was involved in the construction of Marunouchi Bldg.
(the first one), Nihon Sekiyu Bldg., Nihon Yusen Bldg.
and others.

This joint venture company was closed after the Great
Kanto Earthquake (1923) but Morgan decided to stay
in Japan, opening his own construction design office
first in Tokyo and then moved to Yokohama in 1926.
He met and married a Japanese woman (second wife
for him) who was his secretary. When he came to
Japan, he was either 46 or 51 years old.
(46 according to his passport, but 51 according to
his record in the US)

Out of over 30 buildings designed by him throughout
Japan, about half of them are located in Yokohama.
His other works include Berrick Hall,
Christ Church on the Bluff, Chartered Bank Kobe,
universities, churches, hospitals and individual houses
for foreigners.

The features of Bluff No. 111 are:
Spanish style
Symmetrical facade
Entrance hall in the wellhole style
Large front lawn
But most importantly, 2-story house seen from
the front, but 3-story house seen from the
backside.

30以上デザインなさった中、その半数以上が
横浜の地だったそうです。横浜が大好きだったので
しょうね。

月命日の6日には奥さまが外人墓地を訪れ
お花を手向けていらしたそうです。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chibi1988

Author:Chibi1988
チビちゃんが生まれたのは1988年秋。正式に私の子になったのが1989年3月15日。いっしょに住めるようになったのが1990年2月。それから2003年8月9日までずっといっしょでした。今も心の中ではいっしょです。チビちゃんをお兄ちゃんと慕っていた猫のあ~ちゃん、2012年1月22日にお星さまになってしまいました。チビちゃんを知らない2009年5月生まれのクーちゃんも2015年4月26日に6年という短い一生を終えました。FIVでした。そして後を追うようにデリーちゃん(13歳)が6月30日にお星さまになってしまいました。ルンちゃん、一人になってしまっていたところ、ご縁があり2015年9月20日にコアラちゃん、11月7日にティガーちゃん、そして12月29日にマフィンちゃんを迎えいれることができました。(チビちゃんが亡くなって休止していたわんちゃんの里親さがしは2010年夏に再開しましたが、6頭目でつまづき、現在は休眠中です)4人+私で仲良く暮していたのですが、2017年4月24日、ルンちゃんが16歳でお星さまになってしまい、2015年生まれの若い3人(コアラちゃん、ティガーちゃん、マフィンちゃん)が残されました。みんなが健康で穏やかな毎日を過ごせるよう祈りながら、みんなの記録を残したいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR